洗練された日々へ

→惣菜管理士対策ページ完成。

「TABETE」における手数料における問題点と克服する案【食品従事者がまとめました】

WRITER
 

スポンサードリンク


スポンサードリンク


この記事を書いている人 - WRITER -
食品メーカー営業マンが書く食に関するブログになります。食品について詳しくなれば日々の生活が少しでも豊かになると思ってます。★好きなことは、食べること、お酒を飲むこと、音楽鑑賞で、最高の一杯を探し求めています。
詳しいプロフィールはこちら

どうもdai(@po_p_o_m)です。

2018年3月13日には、ガイアの夜明けで特集しておりましたフードシェアリングサービス「TABETE」をみました。

そこで感じた「TABETE」の手数料における問題点と克服する案について個人的に考えてみました。

 

「TABETE」とは

本題に入る前に「TABETE」の復習になります。

「TABETE」とは、余剰食品削減プラットフォームで、閉店間際など、まだおいしく食べられるのに廃棄の危機に面している食事をユーザーとつなぎ、最後まで売り切ることを応援する、社会派のWebプラットフォームであるとのことです。

株式会社コークッキングが運営しております。(ワイノック株式会社はシステム運用・保守を担当とのこと)

「TABETE」の仕組み

店舗とユーザーのマッチングシステムであり、下記のように流れでサービスが生まれます。

  • 店舗側:余剰商品に関する情報を、任意の価格と引取期限を設けて掲載します。
  • ユーザー側:自分の近くのお店からの SOS情報を発見し、食事を Web 決済で購入でき、引き取り期限までに店舗に行けば、商品をもらうことができます。

<提供方法>

販売商品を処分価格で販売していくとのこと。

以前、βテストを行なっており、テレビ東京のワールドビジネスサテライト内ではあるお店の弁当が、1300円→800円処分販売されておりました

<展開エリア>

本リリースのエリア未定。βテストに実施エリアから東京23区内と推測してます。現在は、東京23区付近を中心としたお店が登録されており、対象地域は今後全国各地域へ拡大していく予定ですとのことです。

2018年4月15日現在のTABETEパートナー店舗一覧になります。

<開始始時>

本サービスは2017年年内ローンチを予定ととのことでしたが、2018年春頃に正式リリースを行なう予定です。

正式のオープンされております。

「TABETE」で実現したい未来

食品廃棄問題を少しでも解決したいとの意向があります

最新のデータ*によると、日本のフードロスは約621万トンとされ、そのうち339万トンが飲食店や小売業などを含む事業者から発生しています。

食料廃棄問題(フードロス問題)を少しでも解決する一助になり、地球環境全体としても持続可能な仕組みの構築を成し遂げたい。

それが「TABETE」が実現したい未来とのことでした。

*引用:環境省_我が国の食品ロス・食品廃棄物等の利用状況等(平成26年度推計)の公表について

「TABETE」のライバル?「Reduce GO」について

SHIFFT株式会社が展開予定の食の定額制「Reduce GO」の関連サービスもあります。「TABETE」とは競合関係になります。

「Reduce GO」とは、余剰食品削減プラットフォームで、食品ロスを減らしたい飲食店と、お店の料理を安く食べたいユーザーをマッチングしたサービスになります。しかも、定額(月額)でテイクアウト可能になります。

2018年4月5日からサービスを開始しておりますよ。

 

「TABETE」の問題点

手数料35%の高さ

ガイアの夜明け(2018年3月13日放送)では、「TABETE」の利用の店側に35%の手数料を収益の柱にしているとのこと。

僕個人的な印象では、非常に高いと思った。(食品メーカーで業務用筋の営業してて思いました。)

 

手数料35%の根拠(TABETE側の根拠)

飲食店における単価内訳はおおよそ、食材原価30%、人件費30%、固定費30%、利益10%の内訳になります。(目安だけどね)

 

「TABETE」としては、廃棄する予定の商品を「TABETE」のプラットフォームで販売することで、通常廃棄するはずの商品に関して価格をつけて販売できるために、35%は妥当であると言っておりました。

つまり、捨てるはずであった0円の商品を販売できるため、良いのでは…とのスタンスですね。

 

手数料35%は高すぎる?

僕の個人的な主観では、非常に高いと思った。

普段、食品メーカーで業務用筋の営業で勤務しており、外食の現場や産業給食の栄養士、受注担当者に営業したことがあるが、手数料35%ではサービスは、波及的には広がらない(スケールしない)のではないかと思いました。(小規模でするなら良いですが…)

◎理由

  1. 捨てる商品であっても、0円であるといった感覚は外食の現場に持ち合わせていない。(考えの起点が運営者側の発想になっている)
  2. 理念だけでは人を動かすことができない。
  3. 最大のメリットを提供できていない。

 

最大メリット

僕が思う「TABETE」のプラットフォームを利用する最大メリットですが、

近隣住人だけでなく、少し遠方に離れた人でも廃棄食品を購入できることだと思っております。

それを提供できなければ、店側が自分で見切り品を販売するほうが店側にとって良いのでは…と思います。

 

では、どれぐらいの手数料が妥当か?

ガイアの夜明けの経営者の意見では、10%が妥当ではないかとの意見でしたが、僕自身もそれぐらいもしくは8%が妥当かなと思います。

そのため、手数料ではなく、別の基軸でのマネタイズが必要になると思います。いかに収益に繋げれるかどうかが重要ではないかと思います。

 

「TABETE」に別基軸収益モデルの追加

手数料を8%程度にする案では収益性の悪化が懸念されるかと思いますが、このサービスに関して提供する店側の確保と、利用してくれるアクティブユーザーの確立がもっとも重要です。

上記の通りまとめてみましたが、僕個人的に、顧客数と購入頻度がもっとも重要だと思う。

先にサービスの活気を作る、そして、後からマネタイズできるのではないかと、勝手に思っております。

 

別の収益モデルを追加する

手数料で稼ぐのではなく、下記の収益モデルを考えてみました。(スケールさせる前提で考えてみました)

  1. 広告収入
  2. 店側の食事券を追加することによる集客収入
  3. コミュニテイを作る?

個人的には、提供する店側の確保と利用してくれるアクティブユーザーの確立が最も必要だと考えており、手数料は下げても良いのでは…と思った次第です。

最後に

今回は「TABETE」の手数料に関する問題点と克服する方法について記載いたしました。

個人的には、提供する店側の確保と利用してくれるアクティブユーザーの確立が最も必要だと考えており、手数料は下げても良いのでは…と思った次第です。

自分ならこのようなことをしてみると勝手に思った次第でした。(他意はありません。)

「TABETE」のご活躍心から応援しております。

この記事を書いている人 - WRITER -
食品メーカー営業マンが書く食に関するブログになります。食品について詳しくなれば日々の生活が少しでも豊かになると思ってます。★好きなことは、食べること、お酒を飲むこと、音楽鑑賞で、最高の一杯を探し求めています。
詳しいプロフィールはこちら

スポンサードリンク


スポンサードリンク


- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 食彩life , 2018 All Rights Reserved.