こちらもフォローしてね!

洗練された日々へ

→徹底解剖!!フードロスをまとめてみた。

「Reduce Go」を利用するうえで知っておきたい10の注意事項【食品従事者記載】

WRITER
 

スポンサードリンク


スポンサードリンク


この記事を書いている人 - WRITER -
食品メーカー営業マンの食に関するブログを運営。 洗練された日々を目指して、食に捧げております。 【内容】食品に関わる試験/食品工場の見学/食品業界情報/食品の表示/スタートアップ食品業界の就活/ 【自分史】幼少期から食のこだわりが強い→大学受験失敗により北海道の大学へ→より食に目覚める→一部上場食品メーカー新卒入社→神速で退社→食品メーカーで営業マンとしてPB商品をつくる日々
詳しいプロフィールはこちら

どうも。食品メーカーで業務用営業をしている  dai(@po_p_o_m)です。

 

今回は、「Reduce GO」のサービスの利用のおける10の注意事項について記載したいと思います。Reduce GOを利用するのなら、事前に知っておきたいことをまとめてみました。

 

利用規約、特定商取引法に基づく表記、プライバシーポリシーを熟読した上で記載しております。知っておいて損はないかと思います。

 

 

「Reduce GO」について

SHIFFT株式会社が展開中の食の定額制「Reduce GO」に関してはこちらになります。

Reduce GO」とは、余剰食品削減プラットフォームで、食品ロスを減らしたい飲食店と、お店の料理を安く食べたいユーザーをマッチングしたサービスになります。

しかも、定額1,980円(月額)でテイクアウト可能になります。2018年4月5日から東京23区内でサービスを開始しておりますよ。

 

「Reduce GO」のサービスを利用する前に知っておきたい10の注意事項

日本では新しい、余剰食品削減プラットフォーム「Reduce GO」。

利用する利用する上で知っておきたいことをまとめてみました。

「Reduce GO」を利用する上での知っておきたい10の注意事項
  1. 会員登録は無料だが、利用料金に関して定額1,980円(月額)。
  2. 未成年に関しては条件付きで利用可能。
  3. 利用エリアに関して東京23区付近を中心。(対象地域は拡大予定 )
  4. 支払いは、クレジットカードによって商品代金を支払う。
  5. 引取方法に関して。
  6. 決済完了後の利用者の都合でのキャンセルは原則できない。
  7. 食品に関して、安全に食べられる食品(消費期限内の食品や、通常販売されている食品と同等の品質の食品)を見切り品としての扱いで提供。
  8. アレルゲン反応による異常が発生した場合の対処に関して
  9. 食中毒の対処に関して
  10. 店側の利益に関して

 

会員登録、利用料金に関して

利用料金に関して定額1,980円(月額)になります。

ただ、会員登録は無料のため、自由に余剰食品の閲覧や登録店舗の閲覧が可能になります。注文する場合に、別途有料会員登録が必要になります。

注意喚起

定期購入の手続き完了すると、余剰食品の注文が可能となり、利用料金が発生します。そのため、余剰商品を受け取らなくても料金が発生します。
本サービスのご利用料金は食品の購入代金ではなく、余剰食品の注文が可能になるサブスクリプションモデルであるからになります。

 

未成年の利用に関して

「Reduce GO」にサービスでは、利用できるユーザーを定義されております。未成年は条件付きで利用できます。

登録の申請は必ず本サービスを利用する個人又は法人の担当者自身が行わなければなりません。登録希望者が未成年の場合は、登録に伴い親権者の同意を必要とし、本規約の同意をもって、親権者の同意があったものとみなします。

引用:利用規約 | 周辺の余剰食品を月額定額でテイクアウト – Reduce GO[リデュースゴー]3条(登録)作成:2017101

 

利用エリア

東京23区付近を中心としたお店が登録されており、対象地域は今後各地域へ拡大していく予定とのことです。

Reduce Go」内の加盟店が128店舗に突破したとのことでした。2018826日現在の情報になります。>

→余剰食品削減数、寄付予定額も公表されており、社会的意義のある活動を行なっております。

 

支払いに関して

支払いに関して、クレジットカードによって支払うものとされております。

可能クレジット(VISA/MasterCard/JCB/AMEX/Diners)

また有料プラン登録時に月額料金を事前に支払いとのことでした。

有料プラン登録時に月額利用料金1か月分をお支払いいただき、登録後は毎月1日に当月分の月額利用料金をお支払いいただきます(前払い)。

引用:特定商取引法に基づく表記 | 周辺の余剰食品を月額定額でテイクアウト – Reduce GO[リデュースゴー]4.サービス利用料金の支払方法・時期 最終更新日:201842

 

余剰商品の引き取り方に関して

余剰商品の引き取りに関しては下記の流れになります。

◉余剰商品の引き取る流れ

  1. ユーザーアカウントでログインします。
  2. 受取りたい商品をタップします。
  3. 『注文する』をタップします。
  4. 受取り時間にお店へ行き、ご注文番号を店員に見せ受取ります。

 

返品および解約に関して

サービスの性質上、お客様の都合による返品、返金はできません。

サービス利用の停止を本アプリ上より解約手続を行うことになります。解約手続が完了した月の翌月以降の月額利用料金の請求を停止するとのことです。

 

サービスの利用停止の手続きの流れ

サービスの利用停止の流れは下記の通りになります。
◎解約手続きの流れ「Reduce GO」アプリを立ち上げ後、画面左上のメニューから「定期購入の解約」画面に移動し、「定期購入を解約する」ボタンを押してください。
注意喚起

月の途中の解約となった場合も1か月分のサービス利用料金が発生し、日割り計算等による返金を含めた一切の返金は行われません。

引用:特定商取引法に基づく表記 | 周辺の余剰食品を月額定額でテイクアウト – Reduce GO[リデュースゴー]6.返品・返金・解約等 最終更新日:201842

 

食品の消費期限について

提供している食品に関して、安全に食べられる食品(消費期限内の食品や、通常販売されている食品と同等の品質の食品)を見切り品としての扱いで提供しているとのことになります。

 

賞味期限の詳細は、引き取り時に店舗から下記の説明を受けるとのことでした。

  • 当日中に召し上がるべきかどうか
  • 日持ちする場合は安全な保管方法や消費期限の詳細

 

アレルゲン反応の異常が発生した場合の処理

食材を購入するにあたり、店側が提供する商品に関する情報(アレルゲンに関する情報など)を事前にしっかり確認しましょう。

 

万が一、購入したフードが原因によるアレルギー反応、その他心身の異常が発生した場合は、ただちに医師による受診をしていただきと思います。

 

SHIFFT株式会社のアレルギーに対する責任の所在

SHIFFT株式会社(「Reduce GO」の運営会社)は、アレルゲンに対する責任の所在は、下記のように定義しております。

食品のアレルギーについては、ユーザーが責任を負うものとし、当社は一切の責任を負わないものとします。

引用:利用規約 | 周辺の余剰食品を月額定額でテイクアウト – Reduce GO[リデュースゴー]13条(免責事項)作成:2017101

→アレルギー反応を引き起こした場合、ユーザーが責任を負うものと記載されております。

 

食中毒などの対応

万が一、購入したフードが原因による食中毒などの、その他心身の異常が発生した場合は、ただちに医師による受診をしていただきと思います。

責任の所在

良質な食品を提供するよう努めていますが、SHIFFT株式会社(「Reduce GO」の運営会社)は、食品の質について一切の責任を負わないものと記載があります。

 

食中毒の対応

飲食店で万が一、食中毒が発生した場合の対応マニュアルはこちらになります。速やかに事故発生を探知し、発生原因究明の調査を迅速に実施する必要があります。

 

◎食中毒対応

  1. 食中毒様症状がある場合は、保健所に届けるとともに必ず最寄の病院や診療所へ受診をしてください。食中毒であるか否かは、検査や調査をしてみないと判りません。
  2. 食中毒の疑いを持った医師は、その旨を保健所長に届けることになっています。

 

店側の利益に関して

店側が提供している商品が売れた場合、店側の利益はどれくらいになるのでしょうか。

 

収益の割合

Reduce Go の収益 39%
加盟店舗への割合 59%
社会活動団体への寄付 2%

加盟店舗の場合、月額料金の59%を均等に還元するとのことでした。

<参考>

利用規約 | 周辺の余剰食品を月額定額でテイクアウト – Reduce GO[リデュースゴー]作成:2017101

特定商取引法に基づく表記 | 周辺の余剰食品を月額定額でテイクアウト – Reduce GO[リデュースゴー]最終更新日:201842

プライバシーポリシー | 周辺の余剰食品を月額定額でテイクアウト – Reduce GO[リデュースゴー]

 

最後に

今回は、Reduce GOのサービスの利用のおける10の注意事項について記載いたしました。

 

ローンチされて様々な問題があるかと思いますが、食品業界に携わる同業者として応援してます!!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
食品メーカー営業マンの食に関するブログを運営。 洗練された日々を目指して、食に捧げております。 【内容】食品に関わる試験/食品工場の見学/食品業界情報/食品の表示/スタートアップ食品業界の就活/ 【自分史】幼少期から食のこだわりが強い→大学受験失敗により北海道の大学へ→より食に目覚める→一部上場食品メーカー新卒入社→神速で退社→食品メーカーで営業マンとしてPB商品をつくる日々
詳しいプロフィールはこちら

スポンサードリンク


スポンサードリンク




- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 食彩life , 2018 All Rights Reserved.