こちらもフォローしてね!

洗練された日々へ

LINE@始めたよ。【無料特典あり】

会員登録は無料?ReduceGOのサービスの登録の仕方と利用の仕方についてまとめてみました。

WRITER
 

スポンサードリンク


スポンサードリンク


この記事を書いている人 - WRITER -
食品メーカー営業マンの食に関するブログを運営。 洗練された日々を目指して、食に捧げております。 【内容】食品に関わる試験/食品工場の見学/食品業界情報/食品の表示/スタートアップ食品業界の就活/ 【自分史】幼少期から食のこだわりが強い→大学受験失敗により北海道の大学へ→より食に目覚める→一部上場食品メーカー新卒入社→神速で退社→食品メーカーで営業マンとしてPB商品をつくる日々
詳しいプロフィールはこちら

どうも。食品メーカーで業務用営業をしている  dai(@po_p_o_m)です。

 

フードロスをシェアリングするサービス「Reduce Go」はご存知でしょうか?

 

今回は、「Reduce Go」の登録方法とサービスの利用の仕方を記載したいと思います。食品業界の立場で非常に関心を持っており、まとめてみました。

 

 

スポンサードリンク

「Reduce GO」とは

reduce go HP② (公式)

余剰食品削減プラットフォームで、食品ロスを減らしたい飲食店と、お店の料理を安く食べたいユーザーをマッチングしたサービスになります。しかも、定額(月額)でテイクアウト可能になります。

 

  • 月額料金     1,980円
  • 利用頻度:毎日2回までご注文が可能とのこと。
  • 展開エリア:東京都23区内(以後順次担当エリアを拡大予定)
  • サービス開始時   2018年4月5日〜

 

 

「Reduce GO」では、飲食店オーナーを募集されておりますよ

現在は飲食店オーナーを募集されておりますよ。知り合いの飲食店オーナーをご存知の方は活用してみるのはいかがでしょうか。

 

アポのセッチングをすれば5000円、成約が確定したタイミングで1店舗につき¥10,000円がもらえます。是非関心があればいかがでしょうか。

 

 

 

「Reduce Go」の登録の仕方

「Reduce Go」の登録の仕方になります。非常に簡単に登録できます。登録に費用はかかりません。

 

●Reduce GOの登録方法
  1. Reduce Goの「公式アプリ」をダウンロードする。
  2. 公式アプリにて、新規ユーザー登録画面にて記入していきます。(下記参照)登録しても費用はかかりません。
  3. 「食品は自己責任において持ち帰ります」「利用規約に同意します」にチェックします。
  4. 登録したメールアドレスにReduce GOからの確認メールが届けば、登録完了!!

 

詳細は下記画像を見ていただければより具体的にわかると思います。

 

Reduce GO 登録方法①
Reduce GO 登録方法②
Reduce GO 登録方法③

 

 

Reduce GOのサービスを利用する方法

Reduce GOは定額制のため単品購入ではありません。そのため、購入すれば月額1,980円かかります。

●Reduce GOを利用する方法
  1. 登録したReduceGoのアプリ上に、定期購入をクリックする。
  2. ReduceGoを利用する場合、定期購入するをクリックする。
  3. 支払いのクレジットカードの登録情報を記入すれば完成。

 

① Reduce GO 利用方法①
Reduce GO 利用方法②
Reduce GO 利用方法③

 

 

注意事項

支払いに関して、クレジットカードによる支払いになります。

 

「Reduce GO」の利用規約、プライバシーポリシー、特定商取引法に関する表記を熟読してみました。その中で最低限読んでおきたい10個のポイントにまとめております。

「Reduce Go」を使いこなすためには?利用する上で知っておきたい10の注意事項【食品従事者記載】

 

 

最後に

今回は、Reduce GOの登録方法とサービスの利用の仕方について記載いたしました。ローンチされて様々な問題があるかと思いますが、食品業界に携わる同業者として応援してます。

 

 

フードロスに向き合う様々なサービスに関して、独自にまとめたページはこちらになります。ご関心があれば是非どうぞ^^

 

 

LINE@登録 リンク

この記事を書いている人 - WRITER -
食品メーカー営業マンの食に関するブログを運営。 洗練された日々を目指して、食に捧げております。 【内容】食品に関わる試験/食品工場の見学/食品業界情報/食品の表示/スタートアップ食品業界の就活/ 【自分史】幼少期から食のこだわりが強い→大学受験失敗により北海道の大学へ→より食に目覚める→一部上場食品メーカー新卒入社→神速で退社→食品メーカーで営業マンとしてPB商品をつくる日々
詳しいプロフィールはこちら

スポンサードリンク


スポンサードリンク




- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 食彩life , 2018 All Rights Reserved.