洗練された日々へ

→徹底解剖!!フードロスをまとめてみた。

食の定額制「Reduce Go」における6つの懸念点

WRITER
 

スポンサードリンク


スポンサードリンク


この記事を書いている人 - WRITER -
食品メーカー営業マンが書く食に関するブログになります。食品について詳しくなれば日々の生活が少しでも豊かになると思ってます。★好きなことは、食べること、お酒を飲むこと、音楽鑑賞で、最高の一杯を探し求めています。
詳しいプロフィールはこちら

どうもdai(@po_p_o_m)です。ようやく引っ越しも落ち着きました。段ボールに囲まれる日々は辛かったです。

今回は、SHIFFT株式会社が展開予定の「Reduce GO」について食品メーカー勤務者の僕が本気で考え、考えうる懸念点を列挙し分析したいと思います。

そもそも、「Reduce GO」とはから記載していきます。話題沸騰のサービスで、画期的なサービスですよ^^

「Reduce GO」とは

余剰食品削減プラットフォームで、食品ロスを減らしたい飲食店と、お店の料理を安く食べたいユーザーをマッチングしたサービスになります。

しかも、定額(月額)でテイクアウト可能になります。

<月額料金>

1,980円(驚きの価格)

毎日2回までご注文が可能とのこと。

<展開エリア>

東京都23区内からサービス展開し、以後順次担当エリアを拡大予定。(全国展開を視野に入れているとのこと)

<サービス開始時>2018年4月5日〜

本サービスは2017年ローンチを予定していておりましたが、サービスの開始が延期になりました。更なる品質の向上とより多くの飲食店の参加のため、サービス開始時期を2018年春頃に延期とのこと。

2018年4月5日からサービスを開始しておりますよ。

<アプリ利用方法>

iOS・Androidアプリで利用が可能で利用者は周辺の商品検索から注文まで最短3タップで行なえます。

お店は自由にメニュー作成ができ、利用者の注文状況を簡単にご確認いただけます。

サービスの提供の背景

<食品廃棄問題>

日本では食べられるのに捨てられてしまっている食品(食品ロス)が、年間で642万トンあり、国連が食糧難に苦しむ国々に援助している総量(320万トン)のおよそ2倍の量になります。

*背景には、実際に必要な量よりも多くの食品を生産、発注することが当たり前になってしまっているという実態があります。
*出典:「【60秒解説】642万トンの食品が廃棄」2015年10月21日 経済産業省発表

 

食品廃棄問題に対するSHIFT社なりのアンサーがこのサービスであり、本サービスにより飲食店から廃棄される食品を減らすことを明確な目的と捉え、フード系サービスではこれまでにないビジネスモデルを展開していくとのこと。

 

お店には余剰食品をご提供いただき、利用者から頂戴する利用料金の一部をご参画いただいた飲食店に均等に分配します。

商品個別に価格設定をしないことで、営利目的とせず余剰食品の出し惜しみを無くすことを促し消費に繋げることができます。

 

また、「周辺の飲食店でテイクアウト」としたことで、加工食品だけではなく販売期限と消費期限の間隔が短い食品(飲食店の調理済み食品)も取り扱うことができます。

 

<このサービスにより実現したい未来>

食品ロス問題の認知拡大、利用促進を目指します。食品の新たな価格化と流通ルートの創出を通じて、環境改善を支援する一助となれればと考えています。

次にそこで、ここから現時点での考え売る6つの懸念点を列挙しております。(2017年10月13日より)

①最も大きな懸念点〜食品衛生、食中毒〜

食品衛生問題。食中毒問題。

これが食品を扱うにおいて一番重要であり、ここで万が一のことがあればサービスとして死活問題です。

いかに安全を担保できるか、店側と念密なすり合わせをするべきです。(もちろんしてると思いますが)

また、問題が起きた場合の回収プログラムはあるのか?もしくは、問題を起きた原因を追求・解明するためにトレースバック*できるのか?が重要かと思います。

一言メモ

*トレースバック:トレーサビリティの一つの形で、物品の流通履歴・記録を時系列でさかのぼるもの。例えば、消費者が、食品の流通履歴・記録をさかのぼってその生産履歴を確認したりする場合がこれにあたる。

引用:トレースバックとは ~ exBuzzwords用語解説

 

仮に問題が起きた場合、起こした店側の落ち度ではありますが、監督責任及び運営責任は問われると思います。

仮に万が一起こってしまった場合、速やかに対応するために、原因を追求できるようにしておかないといけません。もちろんそのようなことが起こらないように事前対策は必須であり、マターですが。(食品業界では当たり前

 

消費期限の短い商品の取り扱い方

また、取扱商品で加工食品だけではなく販売期限と消費期限の間隔が短い食品(飲食店の調理済み食品)も取り扱えるとのことですが、運営会社として明確な線引きが必要であります。

極めてリスクのある食材に関して、テイクアウトしてもらうのも、運営会社としてなかなかの勇気のある決断です。

そのために、問題が起こるリスクを避けるために取り扱うアイテムを線引きする、もしくは提供する条件・ハードルを上げる必要があります。

 

テイクアウトの場合、客側がその日中に食べてもらえる担保がないため、様々なイレギュラーな摂取が考えられます。

冷蔵庫に保管してあとで次の日摂取する場合、冷凍庫である程度保管して解凍して摂取する場合などあります。そこの部分に関してはユーザーの自由であるため、運営者が命令することはできないですが、安全喚起提供時間の連絡提供温度の説明などすることは必要かと思います。

 

そのように”食の安心安全、衛生環境”を担保していかないといけないと思います。

車の業界ではリコールが起こっても、直すことができるため会社が倒産したりしませんが(レベルにもよりますが、現にタカタは倒産してしまいした)、食品業界では万が一食中毒を出してしまうと、会社として存続できないほどのダメージを負い、閉業に追い込まれます。(人体に影響与えますし、昨今食の安心安全の高まりが非常に高くなっております)

そのため、この部分に関しては継続的にしっかりケアすることが重要です。

その他の懸念点(5つ)

<店側との問題>

②価格の問題

余剰商品(見切り品)の提供とのことで利益を取ることができない商売で余剰商品がある店は良いが、ない店は該当しない。運営者として如何にそのような店を多く用意するかが重要です。

 

③目的と手段が逆になる場合

余剰商品がないためにあえて余剰商品を店側が用意するといったことはないのか。

これに関しては店側の立場で考えると、利益を回収できないため、普通に考えればありえないですが、あまりにも1日の余剰商品が出回らず、運営者側がお願いすることはあるかもしれません。(かなりうがった見方です。

 

<ユーザー側>

④消費者の満足するレベルは果たしてどれくらいなのか?

商品の味なのか、商品の量なのか、商品の種類なのか?

→人の価値観によるため明確な答えがなく設定が難しい。

そのため、食品ロスをなくす目的が第一義であるが、それでユーザーは満足してもらえるかは現状不透明です。(サービス展開しない限りとなんとも言えないですよね、都度改良が必要なところだと思います。)

 

⑤価格に飛びつく客からのサービスに対するクレームなどは考えられる。

しかし、サービスの最大の目的は食品ロスをなくすためということにより定額制を実現しており、一部のユーザーのみに莫大な支持を得られそう。

→一部のユーザー:食費代を抑えたい人、食にあまりこだわりがない人

 

<食品業界としては>

⑥販売の仕方の変遷による逆向〜余剰商品が出ない商品づくりのマーケティング〜

売り切り御免商品・数量限定商品を作り、ヘビーユーザーに喜んでもらえる商品だったり、インスタ映えする商品を看板に乗せたり、といった販売の仕方に変わってきている。(ex,1ポンドのステーキハンバーグタケルでの1日5食限定販売)

 

<想定効果>

  • 販売数量が想定でき、食品ロスが出にくい。
  • ヘビーユーザーを意図的に作ることができる。
  • アイドル時間をなくすことができる。
  • インスタ映えする商品の場合、SNSなどの口コミ効果が得やすい。

 

その売り方が現在主流になっており、店側として在庫を持つことのリスクがあると外食側でも認識している。

→ただし、団体客の受け入れ、修学旅行生を受け入れするところなどは事前に料理を作っており、急遽のキャンセルなどもあり、事前に料理が作る店が今後めっきりなくなるとは思えないため、このサービスは受け入れてもらえやすいのではないかと考えます。

 

最後に

運営会社 SHIFFT株式会社は、インターネットビジネスが発端の会社のため、食品メーカーで携わる僕が余計なお世話かもしれませんが、真剣に懸念点を考えてみました。

サービスの独創性には思わず感動しました。絶対数必要な人は必ずいてるサービスになるため、如何にユーザーと飲食店の満足度を上げていくことが定着、発展の秘訣ではないかと考えます。

食品の衛生環境、安心安全の問題に関して継続的にケアしていくことが重要です。食の安全安心を遵守する企業努力には明確な終わりがないため、難しい部分が多いです。

しかしながら、食品を扱う以上そこに関することが一番重要のため、しっかりとした対策が肝要です。

少しでも役に立てれば幸いです。

食品業界がこれまで以上に盛り上がり、永遠の課題でもある食品ロスを少しでもなくすようなサービスになってほしいものです。

この記事を書いている人 - WRITER -
食品メーカー営業マンが書く食に関するブログになります。食品について詳しくなれば日々の生活が少しでも豊かになると思ってます。★好きなことは、食べること、お酒を飲むこと、音楽鑑賞で、最高の一杯を探し求めています。
詳しいプロフィールはこちら

スポンサードリンク


スポンサードリンク


- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 食彩life , 2017 All Rights Reserved.