こちらもフォローしてね!

洗練された日々へ

→徹底解剖!!フードロスをまとめてみた。

【非売品】これぞ心が震えるほどうまい幻のビール。『マスターズドリーム<山崎原酒樽熟成>2017』が届いたので堪能してみた。

WRITER
 

スポンサードリンク


スポンサードリンク


この記事を書いている人 - WRITER -
食品メーカー営業マンの食に関するブログを運営。 洗練された日々を目指して、食に捧げております。 【内容】食品に関わる試験/食品工場の見学/食品業界情報/食品の表示/スタートアップ食品業界の就活/ 【自分史】幼少期から食のこだわりが強い→大学受験失敗により北海道の大学へ→より食に目覚める→一部上場食品メーカー新卒入社→神速で退社→食品メーカーで営業マンとしてPB商品をつくる日々
詳しいプロフィールはこちら

どうも。食品メーカーで業務用営業をしている  dai(@po_p_o_m)です。

 

前回は公式メールマガジンの当選により「マスターズドリーム講座」に行って来ました。その招待された15組にサントリーから「ザ・プレミアム・モルツ〜マスターズドリーム〜山崎原種樽熟成2017」をプレゼントで郵送してくれました。

 

なんと粋な計らいなんでしょうか^^

それがようやく届きましたので、今回は「ザ・プレミアム・モルツ〜マスターズドリーム〜山崎原種樽熟成2017」について記事にしたいと思います。

 

ビールについてさらに知りたいならこちらもどうぞ。

ビールについて知りたいなら

アサヒビール吹田工場見学についてまとめてみたよ。

<ビール党必見>サントリー京都ブルワリーにて「ザ・プレミアム・モルツ講座」を受けてきたよ。

【当選確率1%未満】「マスターズドリーム講座」(サントリー京都ブルワリー)当選したので行ってきました。

今ココ【非売品】これぞ心が震えるほどうまい幻のビール。『マスターズドリーム<山崎原酒樽熟成>2017』が届いたので堪能してみた

【贅沢な比較】1,000人限定の非売品ビール『マスターズドリーム<山崎原酒樽熟成>2017』をサントリー製品(ビール、ウイスキー)と比較して飲んでみた。

『マスターズドリーム<山崎原酒樽熟成>2017』を他社製品の5つのビールと比較して飲んでみた。1,000人限定の非売品ビールだよ!!

これぞ大人の洗練デート。ヱビスビール記念館(東京)のヱビスツアーでヱビスビールを堪能あれ。

【各回32名限定】グランドキリン びあのわ「CRAFT BEER ROOM」(大阪会場)に当選したので行ってきたよ。

自分に合うクラフトビールを探そう。様々なグランドキリンを比較して飲んでみた。【独自分析あり】

クラフトビールは京都が熱い。スプリングバレーブルワリー 京都で6種類を飲み比べしてきた。

 

『マスターズドリーム<山崎原酒樽熟成>2017』

まず、『マスターズドリーム<山崎原酒樽熟成>2017』について記載していこうと思います。

 

「マスターズドリーム講座」での醸造家の話でもありましたが、うまいビールをつくるにあたって、いくつかの山脈を見つけたと。(マスターズドリームであったり…)そのもう一つがこの商品。

 

★「ザ・プレミアム・モルツ〜マスターズドリーム〜山崎原種樽熟成2017」★

伝統手法「木樽熟成」がかつてビールづくりを支えた醸造方法で、様々な木樽とビールの可能性を探り続けた。たどり着いた答えが、

手段

「ザ・プレミアム・モルツ〜マスターズドリーム〜」で培った技術とシングルモルトウイスキー「山崎」に使用した樽を使用することだった。その絶妙な調和があったとのことだと…

結果

ベースビールが持つ「多重奏で、濃密。」な味わいと、山崎原種樽の特長である柔らかく華やかな香り、甘く滑らかな味わいが調和し、これまでにない満ち溢れる余韻と重厚な香りを実現した。

 

参考「ザ・プレミアム・モルツ〜マスターズドリーム」の味の特徴・製造のこだわり

そもそも「ザ・プレミアム・モルツ〜マスターズドリーム」とは何かを記載しております。

 

味の特徴

多重奏で、濃密。」

まるでオーケストラの演奏のような、多重奏で、濃密。深いコク、柔らかな苦味、ほのかな甘味、そして心地よい香り。いくつもの味わいが重なり合い、まだ飲みたい余韻が続く、究極の味わいとのこと。

 

 

製造のこだわり

①独自の製造技術<Ensemble Mashing Technology>

素材 ダイヤモンド麦芽× 仕込 トリプトデコクション× 仕込 銅炊き仕込

 

②ダイヤモンド麦芽

ピルスナービールの味わいを決定づける上質で深いコク・旨味をもつダイヤモンド麦芽は非常に硬い構造の麦芽です。そのため手間と時間をかけてじっくり煮出さないと、その魅力は決して引き出されません。

 

③トリプルデコクション製法

仕込釜で麦汁を一気に煮出すことにより、濃密で芳ばしい麦汁を抽出する製法になります。手間と時間のかかる、この煮沸工程を3度繰り返すことで、ダイヤモンド麦芽の魅力を最大限に引き出す。

 

④銅炊き製法

伝統的な炊き込み製法をサントリーの知見を活かして革新し、新設備を「銅製循環型ケトル」を「ザ・プレミアム・モルツ〜マスターズドリーム〜」のために導入したとのこと。(特許取得済)高い熱伝導率を持つ「銅」を使って麦汁を炊くことにより、より厚みのある味わい・芳ばしさが引き出される。

 

開発途中の裏話〜完成したのは2016年〜

開発に丸5年かかったとのこと。

この商品の実現に5年かかったとのこと。山崎原酒を熟成した木樽に選定しても樽ごとに個性が違うので、その見極めに苦心したとのこと。

コンセプト:ビールらしい特徴は残しつつも、木樽熟成らしい個性も兼ねそなえたビール。

→飲みやすいビール(軽さではなく)を目指し、飲み飽きないビールを目指す。

2016年秋に1,000本限定のプレゼントキャンペーンになんと7万件もの応募が殺到したとのことでした。

→実際飲んだ人からの反響も非常に大きかったとのこと。

参考:MASTER’S DREAM Magazine

 

そこまでハードルが上がったビールをぜひ堪能してみたい、むしろここまでハードル上げて大丈夫なのかと思っていました。お待ちかね試飲の時間です^^

 

届いた『マスターズドリーム<山崎原酒樽熟成>2017』と飲んだ感想

届きました『マスターズドリーム<山崎原酒樽熟成>2017』の写真と所感をまとめております。

 

『マスターズドリーム<山崎原酒樽熟成>2017』の外装

このような段ボールできました。食品業界の営業マンの立場でいえば、わざわざ印刷段ボールを使うんや〜と思いました。費用かかるのに、僕ならシールラベルwやっぱり最高級のビールを完璧な状態で送付したいサントリーも心意気を感じます。

 

『マスターズドリーム<山崎原酒樽熟成>2017』の中身

グラス2個と丁寧に瓶ビールが割れないように発泡スチロールでコンポされておりました。その発泡スチロールにMASTER’S DREAMと記載されております。すげー。

 

グラスとビールと金の光り輝くものはなんでしょうかね?

 

ごあいさつ書類と『マスターズドリーム<山崎原酒樽熟成>2017』の説明書類と金の光り輝くもの?

 

この金に光り輝くものはオリジナル栓抜きでした^^すごいところに金をかけますね、サントリーさん。そこまでされると惚れるやないか^^

 

美しい商品ラベル

高級感、デザインのセンスを感じる。

 

<裏面>

アルコール分8.5%は、一般的なビールよりアルコール度数が高いのですが、はてさて如何なのかな?

 

<グラスの様子>

2個付いていましたよ^^

 

<実際の実食写真>

アテ:ニューミュンヘンの唐揚げ(僕が一番うまいと思ってる唐揚げ)、チーズ、RF1の惣菜 etc

最高のビールには最高のアテを用意しましたね^^

 

感想

口に入れた瞬間、ビールの軽さがなく、それでいて飲みやすい。口からなくなった後、口を満たす余韻が多幸感を増す。

シ・ア・ワ・セ

次もう一杯飲みたいと思ったが、勿体無い。しかし飲みたい^^ゆっくり、じっくり飲んでしまうビールでした。アルコール度数が高さは全く気にならなかったです。

 

まとめ

今回は「ザ・プレミアム・モルツ〜マスターズドリーム〜山崎原種樽熟成2017」について記事にしてみました。

 

公式メールマガジンの当選による「マスターズドリーム講座」に参加できたことを心から嬉しく思いました^^

 

2016年秋に『マスターズドリーム<山崎原酒樽熟成>』1,000本限定のプレゼントキャンペーンを行い、7万件もの応募が殺到したとありますが、それぐらい稀少性があり、是非ともなんども飲みたいビールですね^^

 

心が震えるほどにうまいビールとは何を意味するか、僕には到底わかりませんし、人々の多様性も上がり、うまいとは人それぞれの価値観になります。

 

しかし、このビールはちょっと別格だと感じました^^しかも、これを開発するのに費やした時間や醸造家の熱意を考えると、感慨深いものがありますよね。

これからも心が震えるほどにうまいビールを飲みたいと思った今日この頃でした^^

 

ウイスキーについてさらに知りたいならこちらもどうぞ。

 

ウイスキーを勉強したい方はこちら。ご関心があれば是非この機会にウイスキーを極めてみましょう。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
食品メーカー営業マンの食に関するブログを運営。 洗練された日々を目指して、食に捧げております。 【内容】食品に関わる試験/食品工場の見学/食品業界情報/食品の表示/スタートアップ食品業界の就活/ 【自分史】幼少期から食のこだわりが強い→大学受験失敗により北海道の大学へ→より食に目覚める→一部上場食品メーカー新卒入社→神速で退社→食品メーカーで営業マンとしてPB商品をつくる日々
詳しいプロフィールはこちら

スポンサードリンク


スポンサードリンク




- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 食彩life , 2017 All Rights Reserved.