洗練された日々へ

→惣菜管理士対策ページ完成。

アサヒビール吹田工場で「ジャックダニエルの世界を知ろう」の講座を受けてきたよ。

WRITER
 

スポンサードリンク


スポンサードリンク


この記事を書いている人 - WRITER -
食品メーカー営業マンが書く食に関するブログになります。食品について詳しくなれば日々の生活が少しでも豊かになると思ってます。★好きなことは、食べること、お酒を飲むこと、音楽鑑賞で、最高の一杯を探し求めています。
詳しいプロフィールはこちら

どうもdai(@po_p_o_m)です。

今回はジャック ダニエルの国内販売を担当しているアサヒビールが、創始者ジャック ダニエル氏の誕生月である9月に、吹田工場において「ジャック ダニエルの世界」をご紹介するイベントを開催するとのことで行ってきました。<2017年9月某日>

また最後にリカーマウンテン(本社:京都府)がジャックダニエル蒸溜所に赴き自らの下で選び抜いた三樽を各200本限定完全予約販売しているとのことです。その情報も書きに記載しております。

工場見学の流れ

通常の見学にミニ講座が事前に加わった形になります。今回はミニ講座を中心に発信しておきます。

ミニ講座「ジャック ダニエルの世界を知ろう!」(ジャック ダニエルの歴史やこだわりをお伝えします。)→映写室(アサヒビールの取り組みを視聴)→スタートホール(創業当時の写真を見学)→原料展示(麦芽やホップを実際に触れることができる)→仕込工程(麦汁づくりを工程順に紹介)→発酵・熟成工程ろ過室(熟成したビールから酵母などを取り除き透明で黄金色に輝くビールへ。)→瓶詰め・缶詰工程(できあがったビールを、びんや缶に詰めるダイナミックな製造ラインの見学 *)→品質管理室(ビールの味はもちろん、香り、泡立ち、色などの品質を厳しく管理)→再資源化展示コーナー(工場内で発生する副産物や廃棄物は全て有効利用しており、その再資源化の取り組みを紹介)→ワールドビアコレクション展示コーナー→(世界各国の珍しいビール缶と、ベルギービールのびんビールを展示した約3,700本にもなる圧巻のコレクションの見学)試飲*(ゲストホールにてビールの試飲)

※製造ラインが停止している場合は映像での紹介になります。

*特別試飲として:「ジャック ダニエル テネシーハニー」をロックでご提供していただけます。

工場見学は前回記載いたしましたので、割愛いたします。ご関心があれば見ていただければと思います。

アサヒビール吹田工場見学についてまとめてみたよ。

 

講座開催の背景

創始者ジャック ダニエル氏の誕生日は、正確には明らかになっていません。ただ、19世紀半ばの9月のある日ということだけが伝えられています。蒸溜所のあるアメリカ テネシー州リンチバーグでは毎年9月に創始者の誕生を祝って乾杯が行われるそうです。そこで、ジャック ダニエルの国内販売を担当しているアサヒビールは、創始者ジャック ダニエル氏の誕生月である9月に、アサヒビール誕生の地、吹田工場において「ジャック ダニエルの世界」をご紹介するイベントを開催するとのことでした。

*ジャックダニエル:時間のかかるチャコール・メローイング製法で一滴一滴濾過した、芳醇で、まろやかで均整のとれたウイスキーになります。またジャック ダニエル蒸溜所が造り出すテネシーウイスキーの製法は、150年以上経った今でも変わっていない。

講座・試飲

ミニ講座「ジャック ダニエルの世界を知ろう!」で学んだ4つのこと

アメリカ最古の登録蒸溜所であるジャックダニエル蒸溜所。

ケープスプリングの湧き水(テネシー州リンチバーグ)を創業以来仕込み水として使用。

→洞窟の奥から湧き出る天然のライムストーンウォーター(石灰岩層を通ったろ過された水)であり、洞窟の奥から毎分800ガロンのペースで湧き出ている。豊富な水を確保するためこの場所に蒸溜所を建築した。

③他のウイスキーと差別化するチャーコルメローイング製法(炭によるろ過)で作られる。

→テネシーに多く育成するサトウカエデの木片を、およそ2時間かけて焼き専用の炭にし細かく砕く。専用のチャコール・メローイングバット(深さ約3mの槽)に敷き詰めてから、蒸溜したばかりの原酒を上から垂らす。 5〜6日かけてろ過を行う。単なるろ過ではなく、ウイスキーの雑味をとり、磨きをかけるため、”メローイング”と呼ばれる。

④アメリカンオークの新樽を全て自社の樽工場にて、”専用のレシピ”で造られた高いクオリティの樽を使用。

→樽の側面内側と天盤の内側をトースト(弱火で時間をかけて下焼き)することで、オークの内側から様々な成分を引き出し、チャー(強火での焦がし)を行う、という2段階の工程を踏んだオリジナルの樽を使用される。

ミニ講座「ジャック ダニエルの世界を知ろう!」で学んだこと 小ネタ編

①ジャックダニエルの身長は約158cm。

②ジャックダニエルブラック(Old No.7)の“Old No.7”の由来は諸説あり不明。

③ジャックダニエルは金庫が開けず、金庫を蹴りつけた。これにより爪先を骨折し、傷口から感染し敗血症を起こし永眠。

ミニ講座「ジャック ダニエルの世界を知ろう!」の資料

試飲

試飲できる商品は下記の通りになります。僕が訪問した日は一杯目に限りエクストラゴールドの提供ございました。試飲の間に美味しいビールの注ぎ方」の説明・実践がありました。*特別試飲として:「ジャック ダニエル テネシーハニー」を試飲しました。

<実際の試飲例>「ジャック ダニエル テネシーハニー」の試飲

*ジャックダニエル テネシーハニー:ジャックダニエルをベースに蜂蜜の豊かな風味を加えたハニーテイストのフレーバードウイスキー(酒税法上リキュール)です。ジャックダニエルの味わいに、蜂蜜の上品な甘みのある味わいが加わり、微かなナッツののような香ばしさと、芳醇でなめらかな余韻型の楽しめます。

「クリームチーズおかき」が一個頂けました。それをあてに試飲いたしました。「ジャック ダニエル テネシーハニー」は蜂蜜の濃密な甘味がして、牛乳で割ればさらに美味しく飲めると思いました。

もちろんビールも飲みました。

<ゲストホール>

ギフトショップ

試飲したあとギフトショップにてお買い物へ。試飲した「ジャック ダニエル テネシーハニー」が陳列されておりました。

お土産品

リーフレットとステッカーをいただきました。

工場概要

名称   アサヒビール 吹田工場

所在地  〒564-0071 大阪府吹田市西の庄町1-45

・見学スタート時間:2017年9月15日(金) 11:00~/14:00~

2017年9月16日(土) 11:00~/14:00~

2017年9月17日(日) 11:00~/14:00~

2017年9月18日(月祝) 11:00~/14:00~

満員御礼となっておりました

・所要時間 約90分

・参加費 無料

・予約手段 電話予約及びネット予約の2種類あります。

・電話番号 06-6388-1943  お電話受付時間:9:00~17:00 (休業日を除く)

*通常の工場見学の予約になります。

お得な情報<限定品> リカーマウンテンにて

リカーマウンテン(本社:京都府)がバイヤー、店長、マーケティング部が現地に赴き自らの下で選び抜いた三樽を各200本限定完全予約販売しているとのことです。各750mlで 8,000円(税別)とのことでした。

直接買い付け動画

味の傾向

  • 樽No.3842 Extra Spicy:【テイスティングノート】
    非常に濃厚かつオイリー、黒コショウの香りと程よい木の焦げた芳ばしいニュアンス。口に含むと ファーストアタックが非常にスパイシー。若干の加水をして甘さを引き出し愉しみたい。後からやってくる程よい甘味が心地よくフィニッシュは極めてドライ。これほどスパイシーなジャック ダニエルに初めて出会いました。
  • 樽No.3893 Strong Woody:【テイスティングノート】
    こんなに個性的な樽に出会ったのは初めてだ。樽由来の強いタンニン、コクが前面に出ている。スパイシー、バニラのような香りと黒砂糖のような甘みはあるが、タンニンがハードなインパクトを与える為ウッディさが前に出ている。このジャックは是非ストレートで試してほしい。複雑な味わいで興味深い一本になりました。
  • 樽No.3846 Super Sweet:【テイスティングノート】
    ブリュレのように砂糖が焦げた芳ばしさが香る。キャンディや焼きリンゴのニュアンスも愉しめる。口に含むと程よいタンニン、コクがあり樽の渋みも相俟って心地よい。キャラメルのような酒質の骨格があり非常に強い甘さが続く。炭酸で割ってこれまでにないジャックのスイートハイボールを愉しめます。

引用(購入先):ジャック ダニエル シングルバレルセレクト | ウイスキー | リカマンオンラインショップ

まとめ

今回はジャックダニエルについてミニ講座を学びました。是非今月にジャックダニエルで乾杯はいかがでしょうか。リカーマウンテンの特別樽のお酒飲んでみたい。なかなか購入するハードルが高いので、どこかのバーに探してみます。あれば記載します。

この記事を書いている人 - WRITER -
食品メーカー営業マンが書く食に関するブログになります。食品について詳しくなれば日々の生活が少しでも豊かになると思ってます。★好きなことは、食べること、お酒を飲むこと、音楽鑑賞で、最高の一杯を探し求めています。
詳しいプロフィールはこちら

スポンサードリンク


スポンサードリンク


- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 食彩life , 2017 All Rights Reserved.