洗練された日々へ

→惣菜管理士対策ページ完成。

ウイスキー検定を受ける前に知っておきたい10のこと

WRITER
 

スポンサードリンク


スポンサードリンク


この記事を書いている人 - WRITER -
食品メーカー営業マンが書く食に関するブログになります。食品について詳しくなれば日々の生活が少しでも豊かになると思ってます。★好きなことは、食べること、お酒を飲むこと、音楽鑑賞で、最高の一杯を探し求めています。
詳しいプロフィールはこちら

どうもdai(@po_p_o_m)です。

今回はウイスキー検定について記載したいと思います。酒類業界のメーカーの営業マンと話す機会があり、その時に知りました。面白そうな資格のため、まとめてみました。

ウイスキー検定の主催きっかけと概要

  1. 日常的に世界的に愛されているお酒の「ウイスキー」についてよりもっと楽しむための知識を習得を目指して設立。
  2. 一般社団法人ウイスキー検定実行委員会がウイスキー検定を実施しており、代表理事は土屋守氏。
  3. NHKの連続ドラマ「マッサン」でのウイスキー業界の高まりから、ウイスキー検定を本格的に始動。
  4. 「ウイスキー検定」は一般向け。「ウイスキーコニサー資格認定試験」は酒類業界に従事する人やプロのバーテンダー向け
  5. ウイスキー検定に合格すれば、合格者限定の商品や運営者である土屋守氏と行く国内の蒸留所見学ツアーに参加できる。
  6. 常設級(3級、2級、1級)と特別級(JW級、SM級、BW級)があリ、特別級の場合、不定期試験で各回ごとに実施する特別級が異なります。

ウイスキー検定とは

それではウイスキー検定の説明します。下記の通りになります。

ウイスキーをもっと知り、もっと楽しむための知識を問う試験です。
文明開化の大正時代に日本に伝わった本格ウイスキー造り。国内でも数々の名品が生み出され、様々なシーンで日本人に親しまれてきました。ウイスキー検定は、世界のウイスキーを対象に、歴史、原料、製法から様々な飲み方、ウイスキーにまつわるうんちくまで、奥深いウイスキーの世界をより楽しむための知識を問います。マークシート択一形式の検定で、ウイスキー初心者も気軽に挑戦できる内容となっています。

whiskykentei – ウイスキー文化研究所のHPより)

検定取得流れ

★第6回実施概要

申し込み開始日 2017年10月6日(金)〜コンビニ支払い 2017年12月10日までに(クレジット支払い 2018年1月9日まで)→受験票配送

→試験日 2018年2月4日(日)→合格発表 3月上旬より結果通知

第7回の試験は2018年9月ごろに開催予定になります。

取得における注意事項

各級のレベルと出題内容と受験資格に関して

画像引用 ウイスキー検定

受験資格は20歳以上になります。
※1級の受験に関して2級を合格している方のみ申し込むことができます。

受験料に関して

単願の場合と併願の場合で価格は違います。全て税別価格になります。(第6回実施概要参照しております)

★単願

資格 価格
1級 6,000円
2級 5,000円
3級 4,000円
JW級 5,000円

★併願

資格 価格
1級&JW級 11,000円→  9,900円
2級&JW級 10,000円→  9,000円
2級&3級 9,000円→    8,100円

ウイスキー検定の合格者状況

★第1回ウイスキー検定合格状況

級/項目 受験者数 合格者数 合格率
2級 1,379名 628名 45.5%
3級 1,291名 1,164名 90.3%

合格基準 配点を1問1点とし、総合点120点/200点以上。

 

ウイスキー検定 3級について

第6回実施概要参照しております。

試験範囲および合格基準

『ウイスキー検定公式テキスト』からのスコッチを中心に出題とのこと。ウイスキーが好きで、ウイスキーの基礎知識を持つ方を対象とした初級レベル。

試験時間 60分

問題形式 マークシート 4者択一形式

実際の問題

実際の問題例はこちらになります。解いてみよう^^

(画像引用 ウイスキー検定)

ウイスキー検定 2級について

第6回実施概要参照しております。

試験範囲および合格基準

『ウイスキー検定公式テキスト』を中心に出題とのこと。テキストを深く学習、理解すれば合格可能で、ウイスキーの文化や歴史、製法を理解し、ウイスキー通になりたい方を対象とした中級レベル。

試験時間 60分

問題形式 マークシート 4者択一形式

合格基準 100問中70問以上

実際の問題

実際の問題例はこちらになります。解いてみよう^^

(画像引用 ウイスキー検定)

 ウイスキー検定 1級について

第6回実施概要参照しております。

試験範囲および合格基準

『ウイスキー検定公式テキスト』『ウイスキー検定JW級公式テキスト』参考図書*などから出題とのこと。ウイスキーの文化や歴史、製法、最新情報などなどを深く理解した方を対象とした上級レベル。

試験時間 60分

問題形式 マークシート 5者択一形式+記述問題

合格基準 100問中80問以上

*参考図書一覧こちらから拝見することができます。

実際の問題

実際の問題例はこちらになります。解いてみよう^^

(画像引用 ウイスキー検定)

ウイスキー検定 JW(ジャパニーズウイスキー)級について

第6回実施概要参照しております。

試験範囲および合格基準

『ウイスキー検定公式テキスト』『ウイスキー検定JW級公式テキスト』参考図書*などから出題とのこと。ジャパニーズウイスキーの文化や歴史、製法、最新情報などを深く理解した方を対象とした上級レベル。

試験時間 60分

問題形式 マークシート 4者択一形式

合格基準 100問中80問以上

*参考図書一覧こちらから拝見することができます。

合格者有料特典とは

 

  1. 土屋守氏と行く国内の蒸留所見学ツアーに参加できる。(2017年:静岡蒸留所)
  2. 合格認定カード、合格認定名刺、合格認定バッジ、オリジナルテイスティンググラスなどを購入することができる。
  3. 限定品オリジナルボトルウイスキーを購入することができる。

最後に

以上、今回はウイスキー検定について記載いたしました。

個人的にお酒が大好きなんでバーのバーテンダーとの会話の中で勉強しております。なかなか試験を受ける機会がないですが、限定品オリジナルボトルウイスキーはかなり飲みたいと思ったので、試験を受けてみようかなと思った今日この頃です^^

この記事を書いている人 - WRITER -
食品メーカー営業マンが書く食に関するブログになります。食品について詳しくなれば日々の生活が少しでも豊かになると思ってます。★好きなことは、食べること、お酒を飲むこと、音楽鑑賞で、最高の一杯を探し求めています。
詳しいプロフィールはこちら

スポンサードリンク


スポンサードリンク


- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 食彩life , 2018 All Rights Reserved.