洗練された日々へ

→惣菜管理士対策ページ完成。

【各回32名限定】グランドキリン びあのわ「CRAFT BEER ROOM」に当選したので行ってきたよ。

WRITER
 

スポンサードリンク


スポンサードリンク


この記事を書いている人 - WRITER -
食品メーカー営業マンが書く食に関するブログになります。食品について詳しくなれば日々の生活が少しでも豊かになると思ってます。★好きなことは、食べること、お酒を飲むこと、音楽鑑賞で、最高の一杯を探し求めています。
詳しいプロフィールはこちら

どうもdai(@po_p_o_m)です。

今回はキリン公式サイト(キリンビール乾杯会議)による当選により「グランドキリン びあのわ「CRAFT BEER ROOM」に招待されました。僕が参加した会場は大阪会場で、各回32名限定でした。(2日間で4回開催されておりました。)

「クラフトビール」各々の特長や、ホップを投入工程の違いのよる香りの違い、グラスのよる香りの違いを知ることができます。<訪問日:2018年2月某日>

体験コース

★グランドキリン びあのわ会員限定イベント

“CRAFT BEER ROOM”

【大阪】
2018年2月20日(火) 2018年2月21日(水)
【福岡】
2018年2月21日(水)
【仙台】
2018年2月22日(木)
【東京 代官山】
2018年2月27日(火)
【広島】
2018年3月2日(金)

 招待制になります。(参加費無料/事前ウェブ応募による抽選) 

応募受付期間に関しては現在終了しております。(2018年1月25日(木)~2018年2月7日(水)23時59分

外観

外観はこちらになります。グランフロント大阪北館 ナレッジキャピタルで開催されておりました。

体験コースの流れ

大まかな流れは下記の通りになります。

「GRAND KIRIN JPL」の乾杯→ホップについて→製造工程でのホップ投入による味の変化→ディップホップ製法について→グラスによる味の変化→クラフトビールとは→6種類のクラフトビールの試飲

※特注エプロンを着てビールを飲みました。

体験コース

「GRAND KIRIN JPL」の乾杯

まず初めに「GRAND KIRIN JPL」の乾杯しました。

グランドキリンではすべて「ディップホップ製法」が特徴で、グランドキリンのために新たに開発した独自の製法になります。詳細は下記のホップのところで後述します。

ホップについて

次のホップのついて学びました。実際にホップを触ってみることができました。花粉のような黄色の樹脂(ルプリン)からビール特有の匂いがしました。こすり合わせると、より匂いが強くなりました。

ホップの4つの効果
  1. ビールに独特の香りと苦味を与える。
  2. ビールを清く澄ませる。
  3. 雑菌の繁殖を抑え、ビールの腐敗を防ぐ。
  4. ビールの泡立ち、泡もちを良くする。

ホップの投入のよる味の変化

ビールの製造工程は下記の通りになります。

糖化→煮汁濾過→煮汁煮沸→煮汁静置→主発酵→貯蔵→ろ過

 

今までの製造工程におけるホップの投入タイミング

  • 麦汁煮沸→香りが弱すぎる。
  • 貯蔵→香り強すぎる。
のため、ホップ本来の香りを生かすことができなかった。実際、貯蔵時にホップを加えるビールを飲んでみました。
  • ドライホッピングで飲んでみる

    実際、貯蔵時にホップを加えると香りが強くなるのかどうか確認するために、「キリン一番搾り」を下記容器(ホップが事前に入ってありました)に加えてみました。(ドライホッピング

    「キリン一番搾り」加えると、本来の黄金色からやや緑がかった色に変化します。

    それをホップの部分と、液体の部分に分けました。

    これを飲んでみましたが、ホップの香りが強すぎて飲めたものではなかったです。「キリン一番搾り」にあるバランス感が全くなくなってしまいましたね…

    ディップホップ製法の誕生

    キリンでは、いかにホップの香りを生かすことができるかを着目していたとのこと。そこで主発酵時にホップを加えることで、香りを引き出し、かつホップ特有の樹脂香を抑えることができました。

    ディップホップ製法の誕生

    グランドキリンのために新たに開発した独自の製法になります。

     

    グラスによる味の変化

    プラスチックカップとSPIEGELAUのグラス(下記画像)で飲み比べてみました。

    鼻でグラスの縁を覆うことができるために、香りが充満した形でビールを試飲することができます。確かに香りという点で全く違いました^^

    シュピゲラウグラスのこだわり

    グランドキリンの完璧な注ぎ方

    上記のようにして、注ぎ方をレクチャーしてもらい飲みましたよ。

    クラフトビールとは?

    クラフトビールとは、作り手の感性と創造性を楽しめるビールと定義づけられております。(キリン曰く)

    クラフトビールの種類は100種類以上あるとのこと。

    試飲

    上記6品を試飲できました。

    ★個人的な感想

    • ラガービール好きには、「グランドキリン JPL(ジャパン・ペールラガー)」。
    • フランス料理と合いそうな「グランドキリン WHITE ALE」。普通にうまくて、ワイン好きな人に合いそう。
    • 「グランドキリン IPA(インディア・ペールエール)」もラガーが苦手の人向けかも。
    • よなよなエールビールは、クラフトビールの草分け的な存在で、うまいですよね。
    • ダークビールは僕は苦手ですね。何かと割れば美味しいかも…

    より詳しい分析はこちらに記載しました。

    土産

    オリジナルトートバッグ+コースター(専用袋入り)

    弁当箱入れれそうなトートバッグで日常的に使用できそう^^ビールも2本いただけました^^

     

    まとめ

    今回はキリン公式サイト(キリンビール乾杯会議)による当選により「グランドキリン びあのわ「CRAFT BEER ROOM」をまとめております。

    この機会にクラフトビールでの晩酌はいかがでしょうか?

    この記事を書いている人 - WRITER -
    食品メーカー営業マンが書く食に関するブログになります。食品について詳しくなれば日々の生活が少しでも豊かになると思ってます。★好きなことは、食べること、お酒を飲むこと、音楽鑑賞で、最高の一杯を探し求めています。
    詳しいプロフィールはこちら

    スポンサードリンク


    スポンサードリンク


    - Comments -

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    Copyright© 食彩life , 2018 All Rights Reserved.