洗練された日々へ

→徹底解剖!!フードロスをまとめてみた。

ウイスキーコニサー資格認定試験を受ける前に知っておきたい8のこと

WRITER
 

スポンサードリンク


スポンサードリンク


この記事を書いている人 - WRITER -
食品メーカー営業マンが書く食に関するブログになります。食品について詳しくなれば日々の生活が少しでも豊かになると思ってます。★好きなことは、食べること、お酒を飲むこと、音楽鑑賞で、最高の一杯を探し求めています。
詳しいプロフィールはこちら

どうもdai(@po_p_o_m)です。

前回はウイスキー検定について記載いたしました。その中で「ウイスキーコニサー資格認定試験」というどちらかといえば酒類業界に従事する人やプロのバーテンダー向けの試験を知りましたので、こちらについてまとめてみました。

ウイスキーコニサー資格認定試験とは

それではウイスキーコニサー資格認定試験の説明します。下記の通りになります。ウイスキーコニサー資格認定試験には3つのランクに試験に

ウイスキー文化研究所は世界的なウイスキーブームを受け、よりウイスキーを普遍的なものとするため、「教育の大切さ」を重視しています。
2004年にスタートした『ウイスキーコニサー資格認定制度』は、ウイスキーに関心のある、あるいはウイスキーに関りのあるすべての人を対象にした認定制度で、職業を問わずどなたでも受験できます。ウイスキーコニサー資格認定制度は3つの段階を踏んで取得していきます。第1段階の「ウイスキーエキスパート」から始まり、「ウイスキープロフェッショナル」、そして「マスター・オブ・ウイスキー」が最終段階に当たります。上位資格に進むにつれ、試験の難易度も上がります。

whiskyconnoisseur – ウイスキー文化研究所のHPより)

ウイスキーコニサー資格認定試験とウイスキー検定の違い

「ウイスキー検定」は一般向けです。個人レベルでの教養や啓蒙につながるかなと思います。

「ウイスキーコニサー資格認定試験」は酒類業界に従事する人やプロのバーテンダー向けです。ウイスキープロフェッショナル(WP)の保有者の場合、ウイスキースクールの講師として公式に認定してもらえます。(講師養成講座を受講し所定のテストに合格すれば。ですが)

 

検定取得流れ

★ウイスキーエキスパート(WE)認定試験

受験申込書取り寄せ 2017年8月1日(火)〜9月20日まで→受験申込 9月28日までに(ウイスキー文化研究所宛 当日消印有効)→受験票配送→試験日 2017年10月29日(日)→合格発表

★ウイスキープロフェッショナル(WP)認定試験

受験申込書取り寄せ 2018年3月5日(火)〜4月11日まで→受験申込 4月18日(水)までに(ウイスキー文化研究所宛 当日消印有効)→受験票配送→試験日 2018年5月27日(日)→合格発表

★マスター・オブ・ウイスキー(MW)認定試験

受験申込 2017年11月1日(水)〜12月1日まで(一次試験(論文)と同封してウイスキー文化研究所宛に手配当日消印有効)→合格発表 2018年1月中旬ごろに郵送→二次試験  2018年2月25日(日)→合格発表

例年の試験日程から、次回のウイスキーエキスパート(WE)認定試験は、10月頃、次回のスター・オブ・ウイスキー(MW)認定試験は一次試験は10中旬〜12月頃で推測しております。

取得における注意事項

 

  1. 受験資格は20歳以上になります。
  2. 上位級に飛び級して受けることはできず、WE認定試験→WP認定試験→MW認定試験の順番になります。
  3. ウイスキー文化研究所会員であることが条件になります。

 

ウイスキー文化研究会会員とは

入会資格は20歳以上に会員特典の郵送物は国内発送のみになるそうです。

★会員種類と価格

会員種類/項目 入会費 年会費 特典
個人会員 2,000円 7,000円 1名さま分の会員権
家族会員 2,000円 9,000円 2名さま分の会員権
法人会員 免除 28,000円 4名さま分の会員権
会員権とは
  • 会員証と会員バッジの発行、「ウイスキーガロア」(隔月・年6回)の定期送付
  • ウイスキーフェスティバルなどのイベント入場券及びセミナーチケットの会員割引
  • 土屋守と行く蒸留所ツアーなどへの優先参加権及び会員割引
  • ウイスキーコニサー資格認定試験の受験資格
  • テイスティング会・講演会・勉強会などへのご優待

受験料に関して

認定ランクより受験料も認定料も違います。認定料に関しては合格者のみかかる費用になります。

★認定試験の受験料と認定料

ランク/項目 受験料 認定料
WE認定試験 16,000円 8,000円
WP認定試験 20,000円 10,000円
MW認定試験 一次試験 15,000円

二次試験 15,000円

15,000円

ウイスキーコニサー資格認定試験の合格者状況

ウイスキーコニサー資格認定試験の合格者状況になります。各ランクにより分けております。(画像引用 受験者データ – ウイスキー文化研究所

★ウイスキーエキスパート(WE)認定試験

★ウイスキープロフェッショナル(WP)認定試験

 

★マスター・オブ・ウイスキー(MW)認定試験

5名しかいない難易度ですね…論文を書くのがなかなか大変ですよね。

ウイスキーエキスパート(WE)認定試験について

2017年10月29日の試験概要を参照しております。

試験範囲

ウイスキーコニサー資格認定試験の第1段階で、ウイスキーに関心があり専門知識を身につけたい方のための、基礎知識を問う筆記試験になります。指定テキストある『ウイスキーコニサー資格認定試験教本2015【上巻】』や『ウイスキーコニサー資格認定試験教本2015【下巻】』での勉強を推奨。

  • 試験時間 90分
  • 問題形式 筆記試験(選択式)
  • 試験会場 東京/大阪
  • 受験資格 ウイスキー文化研究所会員であること。
  •      20歳以上であること。

ウイスキープロフェッショナル(WP)認定試験について

2017年5月27日の試験概要を参照しております。

試験範囲

プロフェッショナル試験は、WE資格保有者を対象にしたより深い知識を問う試験で、記述を含む筆記試験と官能試験を実施されます。難関試験ではあるものの、バーテンダーや酒類販売業の方がオススメの資格になります。指定テキストある『ウイスキーコニサー資格認定試験教本2015【上巻】』や『ウイスキーコニサー資格認定試験教本2015【下巻】』での勉強を推奨。

  • 試験時間 筆記試験:90分、官能試験:60分
  • 問題形式 筆記試験、官能試験
  • 試験会場 東京/大阪
  • 受験資格 ウイスキー文化研究所会員であること。
  •      20歳以上であること。
  •      ウイスキーエキスパート(WE)資格保有者であること。

官能試験について

実際の官能試験になります。

とりあえずこの順番で比較して飲んでみよう、と思いました^^

集中対策講座もあり

費用はかかりますが、集中対策講座もウイスキー文化研究所が主催して開催されております。試験の傾向や、重要なポイントなどが学べ、試験対策に利用できます。(下記は2018年4月度の集中対策講座です。)

マスター・オブ・ウイスキー(MW)認定試験について

2018年2月25日(二次試験の日程)の試験概要を参照しております。

試験範囲

マスター・オブ・ウイスキー試験は、WP資格保有者を対象にしたウイスキーコニサー資格認定試験の最終段階で、最高レベルの難易度になります。試験は1次試験のオリジナル研究論文(未発表に限る)審査と、2次試験の筆記試験、口頭試問、官能試験を経て認定されます。指定テキストある『ウイスキーコニサー資格認定試験教本2015【上巻】』や『ウイスキーコニサー資格認定試験教本2015【下巻】』での勉強だけでなく、幅広い知識が必要になります。研究者のレベルですね^^

  • 問題形式 一次試験(論文)*、二次試験
  • 試験会場 東京/大阪
  • 受験資格 ウイスキー文化研究所会員であること。
  •      20歳以上であること。
  •      ウイスキープロフェッショナル(WP)の資格保有者であること。
*2016年度マスター・オブ・ウイスキー一次試験合格者は免除されます。

一次試験内容(論文について)

  • テーマはウイスキーに関すること。
  • 本文は16,000字以上、28,000字以内でまとめること。
  • 資料や参考文献を使用し、個人の意見・見解を述べたオリジナルの研究論文で未発表の内容であること。
  • 原則として一般公開できる内容であること。

レベルが高い試験ですね!!

ウイスキープロフェッショナル(WP)以上であれば、講師になれる

ウイスキープロフェッショナル(WP)の保有者の場合、ウイスキースクールの講師としてウイスキー文化研究所に認定してもらえます。(講師養成講座を受講し所定のテストに合格すれば)

資格

  • ウイスキー文化研究所会員であること。
  • ウイスキープロフェッショナル(WP)の資格保有者であること。
  • ウイスキーセミナー講師養成講座を受講し、認定試験に合格していること。

ウイスキー文化研究所からのカルチャーセンターなどでのウイスキーの講座の紹介や斡旋、公式専用ページにて紹介、ウイスキー検定対策講座の講師依頼などがあります。

ただし、認定は3年ごとの更新が必要になります。

最後に

以上、今回はウイスキーコニサー資格認定試験について記載いたしました。

「ウイスキー検定」と「ウイスキーコニサー資格認定試験」があり、世の中にウイスキーの正しい情報を届けるために活動しているウイスキー文化研究所

個人的にウイスキープロフェッショナル(WP)の官能試験でのウイスキーを比較してバーで飲もうと思っております。バーに行って比較・実証してきます^^しかし、そんなことしたらお金めっちゃ払うかもしれませんが…^^;

この記事を書いている人 - WRITER -
食品メーカー営業マンが書く食に関するブログになります。食品について詳しくなれば日々の生活が少しでも豊かになると思ってます。★好きなことは、食べること、お酒を飲むこと、音楽鑑賞で、最高の一杯を探し求めています。
詳しいプロフィールはこちら

スポンサードリンク


スポンサードリンク


- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 食彩life , 2018 All Rights Reserved.