登録特典あり!

洗練された日々へ

【フードロス削減サービス】カオスマップ2019年版を作成してみた

パンのフードロス削減に特化したフードシェアリング?rebake(リベイク)を利用する前に知っておきたい9のこと

WRITER
 
パンのフードロス削減に特化したフードシェアリング?rebake(リベイク)を利用する前に知っておきたい9のこと  アイキャッチ

スポンサードリンク


スポンサードリンク


この記事を書いている人 - WRITER -
食品メーカー営業マンの食に関するブログを運営。 洗練された日々を目指して、食に捧げております。 【内容】食品に関わる試験/食品工場の見学/食品業界情報/食品の表示/スタートアップ食品業界の就活/ 【自分史】幼少期から食のこだわりが強い→大学受験失敗により北海道の大学へ→より食に目覚める→一部上場食品メーカー新卒入社→神速で退社→食品メーカーで営業マンとしてPB商品をつくる日々
詳しいプロフィールはこちら

どうも。食品メーカーで業務用営業をしている dai です。プロフィールはこちら//最新情報をチェック公式のLINEはこちら

 

2018年は様々なフードロス削減サービスがロンチされて、フードロス元年と謳える年ではないかと個人的には分析しております。2019年もフードロスに関して世間の関心が高まり、ますます活況を帯びております。そんな中、パンに特化したフードシェアリングサービス「rebake(リベイク)」についてロンチされておりました。

 

今回は、「rebake(リベイク)」について利用する前に知っておきたい9のことを記載したいと思います。比較的にフードロス削減が起こりやすいパンに特化したのは協力してくれる店舗が集まりやすいのではないのでしょうか。rebake(リベイク)は、パンを取り寄せできる通販サイトになります。

 

 

スポンサードリンク

フードシェアリング「rebake(リベイク)」とは

rebake 公式②

 

「rebake(リベイク)」とは、パンに特化したショッピングサイトになります。運営会社は合同会社クアッガになります。

 

全国のパン屋から取り寄せでき、常態化しているパンの食品ロスに貢献できるサービスになります。「rebake(リベイク)」では、パンの廃棄を減らすために廃棄になってしまいそうなパンを積極的に取り扱いしておりますよ。その上、収益の一部を食品ロス削減に取り組んでいる団体に寄付するとのことでした。

 

<参考>フードロスとは?

food loss②

 

フードロス(食品ロス)とは、食べるために作られた食料が、失われたり捨てられたりしてしまうことを指します。サプライチェーンの流れの中で、まだ食べられるにも関わらず、様々な理由で失われたり、捨てれられたりしています。フードロスの定義は様々ですが、このHPでは、フードロスを環境省や農林水産省が用いられているように「食べられる食べ物が捨てられること」という意味で使用しております。

 

2015年に国連の「持続可能な開発サミット」で採択された2016年から2030 年までの国際目標の中で、食品ロス関係の記載があり、持続可能な生産消費形態を確保する目標を掲げております。

 

日本のフードロスは年間643万トン。そのうち家庭から291万トンが発生

実際、日本ではまだ食べられるのに捨てられてしまっている、フードロス量は、643万トンと推計されております。(2016年度)まだ食べられるものが捨てられてしまう問題、フードロスについて、社会全体が考えていかなければならない課題になります。

 

食品ロス量(平成28年度 推計値)

 

 

日本のフードロスのうち291万トンが、消費段階の家庭で発生していると言われており、一人一人が行動の見直しがフードロスを減らしていく上で必要になります。

 

さらに、フードロスに関して深く知りたい方はこちら。

 

パンのフードロス削減に特化したフードシェアリング「rebake(リベイク)」について知っておきたい9のこと

「rebake(リベイク)」を利用する前に知っておきたいことは要約しております。

 

◉「rebake(リベイク)を利用する前に知っておきたい9のこと
  1. パンに特化したショッピングサービス。利用エリアに関して
  2. パンを購入することによってフードロス削減に貢献
  3. ロスパンとは?安全性は問題なし。
  4. 取り扱うパンの保存性について
  5. rebakeを利用するながれ
  6. 支払いに関してクレジットカードのみ
  7. 購入に関する手数料はかからないが、送料がかかる。
  8. 店舗側の手数料は、15%(決済代行手数料および寄付金が含む)はかかる。
  9. パン屋の登録方法 

 

 

パンに特化したショッピングサービス。利用エリアに関して

「rebake(リベイク)」とは、パンに特化したショッピングサイトになります。公式HPに掲載されてい店舗数(パン屋数)は、23店舗になります。(2019年2月6日現在)引き続き利用できるパン屋および利用するユーザーの拡大を目指していくとのことでした。

 

現在の利用エリアはこちらになります。登録されているパン屋の一覧(抜粋)になります。

 

rebake 登録パン屋

 

パンを購入することによってフードロス削減に貢献

「rebake(リベイク)」では、全国のパン屋からパンを取り寄せでき、購入することで常態化しているパンのフードロスに貢献できます。その上、収益の一部を食品ロス削減に取り組んでいる団体に寄付するとのことでした。

 

ロスパンとは?安全性の問題は?

「rebake(リベイク)」では、ロスパンと呼ばれるまだ食べられるのに廃棄になってしまうパンを扱っております。パン屋では、日々の製造工程や販売工程で、食べられるのに廃棄になってしまうパンが発生してしまいます。もちろん、食品衛生上問題がないため、お店で買うものと変わりないパンを販売しているとのことでした。

 

販売サイトでは、米粉パン・デニッシュ系・フランスパンなどのハード系が6~7種類が入って、1000円(税込・送料別)で販売されておりました。

 

rebake ロスパン

 

取り扱うパンの保存性について

「rebake(リベイク)」では、購入したパン屋から保存期間の連絡があり、それに従って召し上がりましょう。目安としては、冷凍の場合解凍から〜2日程度、常温便の場合到着から〜2日程度、冷凍後3週間程度になります。

 

rebakeの利用方法

「rebake(リベイク)」の利用の流れは、下記の通りになります。

 

●「rebake(リベイク)」の利用方法
  1. rebakeに住所などを記載の上、会員登録する。
  2. 意中のパン屋からパンを購入する。クレジット決済になります。
  3. パンが届くのを待つ。

 

支払いに関してクレジットカードのみ

「rebake(リベイク)」では、支払いに関してクレジットカードの決済のみになります。ちなみに、フードロス関連サービスの支払いは、クレジットカードでの決済が主流ですよ。

 

利用者は、本人名義のクレジットカードによって商品代金を支払うものとします。

引用:rebake利用規約 第12条

 

購入に関する手数料はかからないが、送料がかかる。

「rebake(リベイク)」では、利用者はパンの購入に関して手数料はかかりませんが、送料がかかります。送料に関して、商品ベージに配送方法の記載があり、そちらに応じた配送の仕方で郵送されます。配送方法の記載は、出店しているパン屋によって違い、通常の宅急便/夏季クール便、クール冷凍便、佐川急便クール冷凍便 (80サイズのみ)などの記載がありました。

 

購入する前に配送方法および配送料金は事前にしっかり確認しておこう。

 

店舗側の手数料は、15%(決済代行手数料および寄付金が含む)はかかる。

「rebake(リベイク)」では、パン屋の登録料や月額の費用は一切かかりません。ただ、パンの販売が成約した場合に、売上*よりシステム使用料として15%の手数料がかかります。

*売上:送料を除く売上を指します。

 

「店舗」が利用者に商品を提供することで、商品代金を代理受領した当社または決済代行業者は、その商品代金(税込)からシステム使用料として15%(決済代行手数料および寄付金を含みます。)を差し引いた金額をストアに対して支払うものとします。

引用:rebake利用規約 第12条

 

パン屋側の登録方法

rebake パン屋登録

 

「rebake(リベイク)」へのパンの出店を希望される場合、下記の通りに手順で登録できます。

 

●「rebake(リベイク)」の登録方法
  1. rebakeの資料請求・店舗登録をクリックする。
  2. 内容を「登録」にチェックし、店舗登録に必要情報を記載していき、「送信」をクリックします。 

 

もちろん資料請求もできるとのことでしたので、資料請求して確認した上で出店登録しても良いかと思います。

 

最後に

今回は、「rebake(リベイク)」について利用する前に知っておきたい9のことについて記載いたしました。

 

パンに特化したフードシェアリングサービス「rebake」がサービスを展開されて、ますますフードシェアリングサービスが盛り上がっていることを再認識しました。サービスは広まってくれば、包括型のサービスから特化型のサービスがリリースされますからね。

 

パンは消費期限が短く、フードロスにつながりやすいアイテムの一つです。少しでも食材のロスがなくなることを願っております。その上で、僕はできる範囲で食品ロス削減に向けた行動を継続的に行いたいと思っております。

 

 

フードロスに向き合う様々なサービスに関して、独自にまとめたページはこちらになります。ご関心があれば是非どうぞ^^

 

LINE@登録 リンク

この記事を書いている人 - WRITER -
食品メーカー営業マンの食に関するブログを運営。 洗練された日々を目指して、食に捧げております。 【内容】食品に関わる試験/食品工場の見学/食品業界情報/食品の表示/スタートアップ食品業界の就活/ 【自分史】幼少期から食のこだわりが強い→大学受験失敗により北海道の大学へ→より食に目覚める→一部上場食品メーカー新卒入社→神速で退社→食品メーカーで営業マンとしてPB商品をつくる日々
詳しいプロフィールはこちら

スポンサードリンク


スポンサードリンク




- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 食彩life , 2019 All Rights Reserved.