登録特典あり!

洗練された日々へ

【フードロス削減サービス】カオスマップ2019年版を作成してみた

オフィスグリコのオーガニック菓子版?snaccuru(スナックル)を利用する前に知っておきたい7のこと

WRITER
 

スポンサードリンク


スポンサードリンク


この記事を書いている人 - WRITER -
食品メーカー営業マンの食に関するブログを運営。 洗練された日々を目指して、食に捧げております。 【内容】食品に関わる試験/食品工場の見学/食品業界情報/食品の表示/スタートアップ食品業界の就活/ 【自分史】幼少期から食のこだわりが強い→大学受験失敗により北海道の大学へ→より食に目覚める→一部上場食品メーカー新卒入社→神速で退社→食品メーカーで営業マンとしてPB商品をつくる日々
詳しいプロフィールはこちら

どうも。食品メーカーで業務用営業をしている dai です。プロフィールはこちら//最新情報をチェック公式のLINEはこちら

 

2018年は様々なフードロス削減サービスがロンチされて、フードロス元年と謳える年ではないかと個人的には分析しております。2019年もフードロスに関して世間の関心が高まり、ますます活況を帯びております。

 

2019年2月1日より、オーガニック・ヘルシー版の置き菓子サービス、snaccuru(スナックル)を株式会社ツクモがリリースしました。ビジネスモデルがオフィスグリコによく似ているなと思いましたが、印字ミスなどの廃棄見込みのあるフードロス菓子(ヘルシーな菓子)を提供するとのことでした。

 

今回は、「snaccuru(スナックル)」を利用する前に知っておきたい7のことを記載したいと思います。

 

 

スポンサードリンク

オーガニック・ヘルシー系のお菓子の置き食「snaccuru(スナックル)」とは

snaccuru(スナックル) 公式

 

snaccuru(スナックル)とは、企業向けのオフィススナックサービスになります。いわゆるオフィスグリコのオーガニック・ヘルシー版で、オーガニック認証を取得している商品や、白砂糖不使用、グルテンフリー、トランス脂肪酸不使用などの菓子を取り扱うサービスになります。

 

オフィスグリコとは

貯金箱型集金システムが特徴のグリコのオフィス販売になります。100円、150円、200円程度で菓子、アイス、飲料を購入することができます。小腹が空いた時、お腹を満たしたいときにコンビニに行かずに簡単に利用することが可能です。

参考:オフィスグリコ | 【公式】江崎グリコ(Glico)     

 

 

<参考>フードロスとは?

food loss②

 

フードロス(食品ロス)とは、食べるために作られた食料が、失われたり捨てられたりしてしまうことを指します。サプライチェーンの流れの中で、まだ食べられるにも関わらず、様々な理由で失われたり、捨てれられたりしています。フードロスの定義は様々ですが、このHPでは、フードロスを環境省や農林水産省が用いられているように「食べられる食べ物が捨てられること」という意味で使用しております。

 

2015年に国連の「持続可能な開発サミット」で採択された2016年から2030 年までの国際目標の中で、食品ロス関係の記載があり、持続可能な生産消費形態を確保する目標を掲げております。

 

2030年までに小売・消費レベルにおける世界全体の一人当たりの食料の廃棄を半減させ、収穫後損失などの生産・サプライチェーンにおける食品の損失を減少させる、とのことでした。

 

日本のフードロスは年間643万トン。そのうち家庭から291万トンが発生

実際、日本ではまだ食べられるのに捨てられてしまっている、フードロス量は、643万トンと推計されております。(2016年度)

 

食品ロス量(平成28年度 推計値)

 

まだ食べられるものが捨てられてしまう問題、フードロスについて、社会全体が考えていかなければならない課題になります。日本のフードロスのうち291万トンが、消費段階の家庭で発生していると言われており、一人一人が行動の見直しがフードロスを減らしていく上で必要になります。

 

さらに、フードロスに関して深く知りたい方はこちら。

 

 

社内設置型の菓子スタンド「snaccuru(スナックル)」をオフィスで利用する前に知っておきたい7のこと

snaccuru(スナックル) 公式②

 

snaccuru(スナックル)を利用する前に知っておきたいことは要約しております。

 

「snaccuru(スナックル)」を利用する前に知っておきたい7のこと
  1. 取り扱う商材と現時点での取り扱う菓子の種類
  2. フードロスに対する貢献の仕方
  3. 展開エリアは、東京23区を中心
  4. キャッシュレス決済が可能。
  5. 導入事例
  6. 導入プランに関して
  7. 契約期間に関して、6ヶ月(以降、自動更新)になります。  

 

 

取り扱う商材と現時点での取り扱う菓子の種類

snaccuru(スナックル)が取り扱う商材は、下記の菓子や飲料を取り扱うとのことでした。

 

  • シューガーレス
  • 無添加
  • オーガニック
  • グルテンフリー
  • トランス脂肪酸不使用 etc

 

上記の健康志向のアイテムをオフィスにおき、仕事の合間に健康的な間食を摂取し、仕事のパーフォマンスに寄与したいとのことでした。

 

フードロスに対する貢献の仕方

snaccuru(スナックル)のビジネスモデルでどのようにフードロスに貢献するのでしょうか?

 

印字や包装などの不具合により、正規の販売流通に乗せられなかったフードロス食材を活用するとのことでした。そのことで、安く仕入れることができ、通常価格の2~4割引で提供することが可能になりました。

 

食品従事者の意見

正規流通に乗らないフードロス食材を処分販売することが食品メーカーの営業としてよくありますが、今後、snaccuru(スナックル)がグロースしてきた際に、健康志向のフードロス食材を必要な分を仕入れることができるかどうかが、少し気がかりです。

 

なぜなら、見切り品、処分販売品、訳あり品は、小売店にとって非常に求められます。「1/3ルール」で取りざたされるのは、大手小売店ぐらいで、中小小売店は特売などの集客のタネになるから求めてきますよ。

 

オフィスグリコの場合は、あくまで自社商品での販売が主のため、商品を確保でき、利益もある程度確保することができるのですが…はたして、snaccuru(スナックル)はどうでしょうか?

 

 

展開エリアは、東京23区を中心。

snaccuru(スナックル)の展開エリアは、東京23区を中心に展開しております。ただ、全国展開できるようにサービスの改善に邁進するとのことでした。

 

 

キャッシュレス決済が可能。

snaccuru(スナックル)では、提携アプリによるキャッシュレス決済を導入しているとのことでした。置き菓子サービスで非常に問題になる、商品代金未払いを未然に防ぐことができます。

 

提携アプリ:LINEPay (順次拡張予定とのこと)

 

食品従事者の所管

実際、僕が勤務している会社にオフィスグリコがあるのですが、商品代金未払いが発生してしまい、集金額が合わない問題が発生しておりました。会社にあるオフィスグリコにも可能であれば、キャッシュレス決済を今すぐ導入してもらいたいものです。【後日談】最近確認すれば、paypayが利用できるようになっておりました^^

 

 

導入事例

snaccuru(スナックル)では、下記の会社が導入されております。コンビニに買い物に出るのが億劫の時に、簡単に会社で菓子類を購入できるサービスは非常にありがたいですよね。

 

  • パナソニック 日比谷オフィス
  • ユーザーベース 

 

余談ですが、ユーザベースとは、ソーシャル経済メディア「NewsPicks」を運営する会社になります。ご関心があればどうぞ。

 

導入プランに関して

snaccuru(スナックル)の導入プランは、下記の通りになります。現在3パターンのプランが用意されております。それぞれの費用に関しては記載はありませんでした。そのため、価格が気になる方は、HPからお問い合わせしてみよう。

 

現在初期費用に関して、導入100社まで無料キャンペーン実施しているとのことでしたよ。(通常は10,000円(税抜)かかります。)

 

snaccuru(スナックル) 導入プラン

 

 

 

 

契約期間に関して、6ヶ月になります。

snaccuru(スナックル)の契約期間に関して、6ヶ月になります。6ヶ月以降は、自動更新になります。

 

 

注意事項

snaccuru(スナックル)の契約期間は6ヶ月未満での契約解除に関して、什器撤去など諸手数料が発生するとのことでした。費用は記載がなく、不明になります。確認しましょう。

 

 

最後に

今回は、「snaccuru(スナックル)」を利用する前に知っておきたい7のことについて記載いたしました。

 

snaccuruがリリースされた時から注目して拝見しておりました。オーガニック・ヘルシー菓子を取り扱うため、オフィスグリコとの差別化はできているかと思われます。一つでも多くの会社に導入すれば、購入のデータも獲得できるため、より販売できる商品を陳列できるかと思われます。

 

snaccuru(スナックル)のご活躍を心から祈っております。

 

フードロスに向き合う様々なサービスに関して、独自にまとめたページはこちらになります。ご関心があれば是非どうぞ^^

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
食品メーカー営業マンの食に関するブログを運営。 洗練された日々を目指して、食に捧げております。 【内容】食品に関わる試験/食品工場の見学/食品業界情報/食品の表示/スタートアップ食品業界の就活/ 【自分史】幼少期から食のこだわりが強い→大学受験失敗により北海道の大学へ→より食に目覚める→一部上場食品メーカー新卒入社→神速で退社→食品メーカーで営業マンとしてPB商品をつくる日々
詳しいプロフィールはこちら

 

フルタイムで仕事をしながら、二つのオウンドメディアを運営した秘訣をセミナー形式で無料で公開中。

オウンドメディア(ブログ)で効果的に集客したい方や稼ぎたい方にはおすすめの動画になります。

僕自身が食彩lifeに立ち上げから軌道に乗せるためにやったことを披露しております。

是非、自分の強みを生かしたメディア運営をあなたも身につけてください!!

 

『自分の強みを生かす!ポジショニングから考えるメディア運営』 アイキャッチ

スポンサードリンク


スポンサードリンク




- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 食彩life , 2019 All Rights Reserved.