洗練された日々へ

→惣菜管理士対策ページ完成。

ヨーグルト好きな人必見!明治なるほどファクトリーに見学してきたよ。

WRITER
 
明治

スポンサードリンク


スポンサードリンク


この記事を書いている人 - WRITER -
食品メーカー営業マンが書く食に関するブログになります。食品について詳しくなれば日々の生活が少しでも豊かになると思ってます。★好きなことは、食べること、お酒を飲むこと、音楽鑑賞で、最高の一杯を探し求めています。
詳しいプロフィールはこちら

どうもdai(@po_p_o_m)です。

今回は明治の関西工場に行ってきました。子ども連れのご家族が多く来られておりました。

この工場の敷地内には、関西アイスクリーム工場、関西栄養食工場、明治なるほどファクトリーがあり、

見学できる場所は 明治なるほどファクトリー になります。

見学内容

まず、エントラスから出迎えがありました。

2F入り口前の様子。

まず、多目的ルームにてヨーグルトや工場についてレクチャーを受ける。

多目的ルームの明治の歴史の壁画がこちら。

 

次はプロローグゾーンを経て工場見学ラインになります。(ここから写真撮影NGのため写真はありません)

壁画には乳酸菌が描かれており、各セクションのモニターでヨーグルトについて学ぶことができます。工場見学ストリートに関して、見学通路から様々な製品の製造工程を見ることができます。24時間生産とのことで土曜日の見学にも関わらず、「明治ブルガリアのむヨーグルト」の充填を見ることができました。充填ラインに関して10ラインほどあり、学校給食向けの牛乳(瓶タイプ)も充填しているとのことでした。

最後は、明治「R-1」を試飲しながら、ヨーグルトのクイズ(3問)をして終了でした。クイズが出来不出来に関わらず、お持ち帰り用の「明治ブルガリアのむヨーグルト」を頂けました。

ヨーグルトとフルーツヨーグルトやドリンクヨーグルトの製造工程の違い

ここで製造工程について記載しておきます。

受乳→異物除去→原料配合→均質化→殺菌→乳酸菌を混ぜる

ここまでは共通で、ここから分岐します。

<プレーンヨーグルトの場合>

→充填→検査→発酵→冷却→出荷前検査

<フルーツヨーグルト・ドリンクヨーグルトの場合>

→発酵→冷却→充填→検査→出荷前検査

*ヨーグルトは乳を乳酸菌で発酵させたものです。乳酸菌の働きによってさわやかでおいしいヨーグルトができます。

プレーンヨーグルトと、フルーツヨーグルトやドリンクヨーグルトは乳酸菌をまぜたあとの工程が少し違います。

『ヨーグルトができるまで|ようこそ明治の工場見学へ|株式会社 明治』から引用

工場概要

名称   明治なるほどファクトリー関西

所在地  〒597-0094 大阪府貝塚市二色南町16番地

交通手段 車乗り入れ可能。(予約時に連絡必要)

公共交通機関を使用する場合は、南海貝塚駅東口から

水間鉄道(株)運営のバスで向かうことをお勧めします。(平成29年8月21日現在の時刻表)

 

<予約注意事項>

電話予約のみ:1名、11名以上の参加者の場合

Web予約:2名〜10名の参加者の場合

*お電話でのご予約も可能になります。

電話番号 TEL:072-431-1236

見学対象商品 ヨーグルト類(下記生産商品一覧)

まとめ

工場の機械化がものすごく進んでいる印象を受けました。ほぼ自動化製造ラインがだと見受けられたので、従業員の方は機械のメンテナンスは大変だと思いました。ただこんなに綺麗な工場なら監査とか悩まなくていいんだろうなと、営業的に思いました。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
食品メーカー営業マンが書く食に関するブログになります。食品について詳しくなれば日々の生活が少しでも豊かになると思ってます。★好きなことは、食べること、お酒を飲むこと、音楽鑑賞で、最高の一杯を探し求めています。
詳しいプロフィールはこちら

スポンサードリンク


スポンサードリンク


- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 食彩life , 2017 All Rights Reserved.