洗練された日々へ

→惣菜管理士対策ページ完成。

君はコーヒーの秘密を知りたくないか?UCCコーヒー博物館の見学でコーヒーの奥深さを知ろう。

WRITER
 

スポンサードリンク


スポンサードリンク


この記事を書いている人 - WRITER -
食品メーカー営業マンが書く食に関するブログになります。食品について詳しくなれば日々の生活が少しでも豊かになると思ってます。★好きなことは、食べること、お酒を飲むこと、音楽鑑賞で、最高の一杯を探し求めています。
詳しいプロフィールはこちら

どうも。dai(@po_p_o_m)です。社会人になる前はコーヒーを飲むことができなかったのに、今ではほぼ毎日飲んでおります。コンビニのレジ横にあるコーヒーメーカーが魅力的ですよね。つい飲みたくなります。

今回は、そんなコーヒーの秘密を迫るべくUCCコーヒー博物館に行ってきました。<訪問日:2017年11月某日>

コーヒー豆の製造工程やコーヒーの起源、栽培、鑑定、焙煎、抽出、文化を一連の流れを体系的に知ることができますよ。また関連記事もよろしければご覧ください^^

UCC六甲アイランド工場ではコーヒー豆を粉タイプにした製品に製造をしてました。

外観

まず、外観及び入り口はこちらになります。

外観の様子
入り口の様子
マメゴンが出迎えてくれております^^可愛らしい。

入館料と様々な体験コース

入館料について

入館料については下記の通りです。

→次回から入館料に関して無料になる方法がありますよ。⇨記事にしました!!

体験コースについて

体験コースには定期開催の体験コース特別企画の体験コースがあります。(別途入館料は必要)さらなるコーヒーの世界に触れてもらうために様々な体験プログラムとのことで、事前に予約することをお勧めします。(H29年11月13日現在)

<定期開催の体験コース>

  • 焙煎体験 1,000円 約60分(所要時間)

<特別企画の体験コース>* 

  • 焙煎体験【抽出実演付き】 1,200円 約60分(所要時間)
  • モーニングツアー 500円 約60分(所要時間)
  • 陶芸体験〜マグカップを作りましょう〜 2,000円 約90分(所要時間)
  • いにしえの器具でコーヒーを飲んでみる会 1,800円 約3時間(所要時間)
  • おいしいカフェ・オ・レの作り方 1,500円 (税込)約1時間(所要時間)  etc

*特別企画に関して一部を記載しております。月ごとに様々な企画を開催されておりますので、是非ご関心があればどうぞ^^

UCCコーヒー博物館の見学内容

博物館の見学コース

コーヒーになるまでの工程を順を追って学ぶことができます。体験コースに申し込んでいなくても十分に楽しむことができますよ^^

博物館の見学(6セクションに分かれたものを体型的に学ぶことができる「起源栽培鑑定焙煎抽出文化」)⇨テイスティングコーナーでのコーヒーの飲み比べ⇨ミュージアムショップで買い物⇨コーヒークイズに挑戦 etc 

コーヒーの起源

全てはこの小さなコーヒーの木から始まりました。発祥はエチオピアなんですよ!!ブラジルだと思ってたんで意外でした…

コーヒーの栽培

コーヒー農園の一年間を学ぶ

さてコーヒー農園でコーヒー豆はどのようにできるのでしょうか?

カットバックの工程なんて知らなかった…一度収穫を終わった枝から二度と身をつけないなんて。

苗の生育
農園へ移植
肥料調整
日陰コントロール
剪定
熟した赤い実を収穫
カットバック
精製・選別

コーヒの木の一生

では、コーヒーの木の一生はどのようでしょうか。各工程の中で色の変化のありますね。

種子
発芽
生育
成木
開花
結実

コーヒーの鑑定

コーヒーの鑑定、コーヒー鑑定士とはなんでしょうか。

コーヒー鑑定とは
コーヒー鑑定士とは
鑑定作業台①
鑑定作業台②

<コーヒー鑑定士の作業>

実際のコーヒー鑑定士の作業様子は、UCC 六甲アイランド工場での見学で拝見できましたよ^^

コーヒーの焙煎

次は焙煎工程ですね。

<焙煎工程フローチャート>

<焙煎機>

コーヒーの抽出

美味しいコーヒーを飲むためには抽出工程も大事ですよ。家庭でコーヒーを美味しく淹れる基本から、アレンジメニューまでの情報が紹介しておりました。

<抽出機の進化>

少しでもより美味しく飲むために、先人の知恵により様々な抽出機を生み出しました。

いにしえの抽出機①
いにしえの抽出機②
いにしえの抽出機③

<抽出機の特徴>

コーヒーの文化

コーヒーは今も昔も私たちの生活に根付いております。コーヒーが彩るを彩る世界を見てみましょう。

このエリアでは様々な多種多様なコーヒーカップが展示されておりました。また、切手や音楽や著名人の言葉を紹介しておりました。

『ダンスダンスダンス/村上春樹』より

テイスティングコーナーでのコーヒーの飲み比べ

テイスティングコーナーでは、毎月テーマに応じてコーヒーの飲み比べを体験できますよ。(申込は不要)

☆11月度のテーマ

豆の挽き方による味のちがい でしたよ!

味の深みが違いましたね…

11月度のテーマ
色の比較

ミュージアムショップで買い物

コーヒーのアソート 360円(税込)

展示会場限定のアソート商品を購入しました。



工場概要

名称   UCCコーヒー博物館

所在地  〒650-0046 神戸市中央区港島中町6丁目6-2

TEL:(078)302-8880

開館時間 |10:00~17:00(入館は16:30まで)

休館日|毎週月曜日(月曜祝日の場合は翌日)・年末年始

*展示音声ガイドは、日本語・英語・中国語・韓国語に対応しています。

まとめ

今回UCCコーヒー博物館についてまとめてみました。

コーヒーの歴史、コーヒーの木々の栽培方法、コーヒーの木の一生を学ぶことができ、展示コーナーがコーヒーの起源、栽培、鑑定、焙煎、抽出、文化に分かれており、一連の流れとして体系的に学ぶことができます。前回UCC六甲アイランド工場見学で勤務されておりましたコーヒー鑑定士(クラシフィカドール)についてより深く知ることができました。

UCC六甲アイランド工場内部もそうでしたが、館内のデザインにコーヒー豆、コーヒーの木をモチーフにしたデザインが施されておりました。意外と見落としますが、よくよく見れば気づきます。是非見学された際、探してみるのもいかがでしょうか^^

この記事を書いている人 - WRITER -
食品メーカー営業マンが書く食に関するブログになります。食品について詳しくなれば日々の生活が少しでも豊かになると思ってます。★好きなことは、食べること、お酒を飲むこと、音楽鑑賞で、最高の一杯を探し求めています。
詳しいプロフィールはこちら

スポンサードリンク


スポンサードリンク


- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 食彩life , 2017 All Rights Reserved.