洗練された日々へ

→惣菜管理士対策ページ完成。

ウイスキーが体に優しい4つの理由

WRITER
 
ウイスキー

スポンサードリンク


スポンサードリンク


この記事を書いている人 - WRITER -
食品メーカー営業マンが書く食に関するブログになります。食品について詳しくなれば日々の生活が少しでも豊かになると思ってます。★好きなことは、食べること、お酒を飲むこと、音楽鑑賞で、最高の一杯を探し求めています。
詳しいプロフィールはこちら

どうもdai(@po_p_o_m)です。

さて今回はウイスキーの体にやさしい特徴について記載したいと思います。

低カロリー・低糖質

30ml(シングル一杯分)の量でアルコール40%の場合、カロリーは約68kcal。ビール、ワイン、清酒などの醸造酒が若干の糖質を有するのに対し、醸造酒であるウイスキーは糖質ゼロです。

*100gあたり五訂日本食品標準成分表(科学技術庁資源調査会編)に基づきます。

香りのリラックス効果

樽熟成ならではの豊かな香りがリラックスさせてくれます。

プリン体がほとんどない

30ml(シングル一杯分)の量に含まれるプリン体はほぼゼロ。ビールや日本酒と比較してはるかに少なくなります。

ポリフェノールを摂取できる

長い年月をかけて樽で熟成するため、樽材由来のポリフェノールが溶け込んでいます。

最後に

ビールや日本酒の量が多い場合、ウイスキーに変えてみるのはいかがでしょうか。ただし飲み過ぎには厳禁です。

この記事を書いている人 - WRITER -
食品メーカー営業マンが書く食に関するブログになります。食品について詳しくなれば日々の生活が少しでも豊かになると思ってます。★好きなことは、食べること、お酒を飲むこと、音楽鑑賞で、最高の一杯を探し求めています。
詳しいプロフィールはこちら

スポンサードリンク


スポンサードリンク


- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 食彩life , 2017 All Rights Reserved.