登録特典あり!

洗練された日々へ

【フードロス削減サービス】カオスマップ2019年版を作成してみた

フードロスに関するiOSアプリを開発するなら、オススメする4つの勉強法

WRITER
 
フードロスに関するiOSアプリを開発するなら、オススメする4つの勉強法 アイキャッチ

スポンサードリンク


スポンサードリンク


この記事を書いている人 - WRITER -
食品メーカー営業マンの食に関するブログを運営。 洗練された日々を目指して、食に捧げております。 【内容】食品に関わる試験/食品工場の見学/食品業界情報/食品の表示/スタートアップ食品業界の就活/ 【自分史】幼少期から食のこだわりが強い→大学受験失敗により北海道の大学へ→より食に目覚める→一部上場食品メーカー新卒入社→神速で退社→食品メーカーで営業マンとしてPB商品をつくる日々
詳しいプロフィールはこちら

どうも。食品メーカーで業務用営業をしている dai です。プロフィールはこちら//最新情報をチェック公式のLINEはこちら

 

フードロスに関するiOSアプリを作ってみたくありませんか?

 

2018年は様々なフードロス削減サービスがロンチされて、フードロス元年と謳える年ではないかと個人的には分析しております。2019年もフードロスに関して世間の関心が高まり、ますます活況を帯びております。さらに、2019年5月、「食品ロス削減推進法」が成立されました。食品業界を巡る環境、商取引が明らかに変化していく印象を受けております。この変化は止まらないですね。

 

まさしく上昇気流ですね。

 

今回は、フードロスに関するiOSアプリを開発するなら、オススメの勉強方法4選についてまとめてみました。

フードロス問題は生産、流通、販売、消費と流通段階において原因が潜んでおり、原因の特定化が難しい問題です。そのフードロスを削減するビジネスモデルを生み出し、素晴らしい解決策であれば日本だけでなく、世界を変えてしまうサービスになりうるかもしれませんよ。

 

Androidアプリを開発したい場合はこちら。

 

スポンサードリンク

フードロスとは?

Foodlossとは  ④

 

本題を話す前にフードロス(食品ロス)について説明します。

 

フードロス(食品ロス)とは、食べるために作られた食料が、失われたり捨てられたりしてしまうことを指します。サプライチェーンの流れの中で、まだ食べられるにも関わらず、様々な理由で失われたり、捨てれられたりしています。フードロスの定義は様々ですが、このHPでは、フードロスを環境省や農林水産省が用いられているように「食べられる食べ物が捨てられること」という意味で使用しております。

 

2015年に国連の「持続可能な開発サミット」で採択された2016年から2030 年までの国際目標の中で、食品ロス関係の記載があり、持続可能な生産消費形態を確保する目標を掲げております。

 

 

フードロスに関して、日本でビジネスをする上で知っておきたい法律をまとめております。

 

日本のフードロスは年間643万トン。そのうち家庭から291万トンが発生

実際、日本ではまだ食べられるのに捨てられてしまっている、フードロス量は、643万トンと推計されております。(2016年度)

 

食品ロス量(平成28年度 推計値)

 

まだ食べられるものが捨てられてしまう問題、フードロスについて、社会全体が考えていかなければならない課題になります。日本のフードロスののうち291万トンが、消費段階の家庭で発生していると言われており、一人一人が行動の見直しがフードロスを減らしていく上で必要になります。

 

さらに、フードロスに関して深く知りたい方はこちら。

 

iOSアプリを開発する上で知っておきたいこと

IOSアプリを開発する上で 知っておきたいこと

 

iOSアプリを開発できることを目的にもとめております。漠然とプログラミングができるという意味合いでは記載しておりませんのでご留意ください。ユーザーなどと直接やり取りをする要素のフロントエンドについて、記載しております。

 

◎iOSアプリ開発に必要なこと
  • 開発ツール:Xcode(Apple提供)
  • オススメ言語:Swift(Appleが開発したプログラミング言語) 

 

今回は、Appleが開発したプログラミング言語、Swiftを使ってiOSアプリを開発していきましょう。Swiftを使ってアプリケーションの開発には、Xcodeと呼ばれる開発ツールが必要になります。

 

XcodeはApple IDを登録しておけば、無料でダウンロードすることができますよ。

 

やっぱり、Androidアプリで開発したい方はこちらをどうぞ。

 

フードロスに関するiOSアプリを開発するための、オススメの勉強方法4選

フードロスに関するiOSアプリを開発するためのオススメの勉強方法4選をまとめております。具体的にそれぞれ見てみよう。

 

フードロスに関するiOSアプリを開発するためのオススメの勉強方法4選
  1. Apple公式チュートリアルで独学する
  2. Progateで独学する
  3. 書籍で独学する
  4. プログラミングスクールで勉強する 

 

 

Apple公式チュートリアルで独学する

Start Developing iOS Apps (Swift) 公式

 

Apple公式チュートリアル、Start Developing iOS Apps (Swift)で勉強する方法があります。全文英語で記載されており、英語に抵抗がなく、自分で意識的に勉強できる方にとってはオススメになります。iOSアプリ開発の大まかな流れを掴むことができます。

 

 

あくまでざっと目を通しながら、勉強することがオススメです。

 

Progateで独学する

Progate 公式

 

Progateは、初心者向けのプログラミング学習サイトになります。

 

HTML&CSS、PHP、Javascript、jQuery、Ruby、Ruby on Rails、Java、Python、Swift、Command Line、Gitなどの言語を学ぶことができます。80万のユーザー数、100カ国以上の提供国数で、イラストを中心のスライドで学ぶことができます。一部無料のサービスだが、レッスンを進めていくと有料になります。(月額980円)

 

Swiftに関しても学習コースが3つあり、条件分岐、Swift独自の文法、関数を学ぶことができます。(下図:ProgateWeb版)

 

Progate Swift

 

 

スマホでも勉強することができます。アプリ版独自のレッスンを用意しており、 実践的なWeb版に比べ、より初心者向けのためサクサク進められます。

 

書籍で独学する

書籍でSWIFT言語を独学する 

 

実際、Swift言語を学ぶにおいて、書籍で勉強するのも有効な方法の一つです。

 

サンプルコードを実際に描いてみて、プログラムが作動することを実感するようにしてみよう。その作業をすることで、iOSアプリ開発に活用することができます。オススメの本を挙げておきます。

 

 

個人で黙々と独学できる方向けの勉強法になります。

 

プログラミングスクールで勉強する

プログラミングスクールで勉強する

 

プログラミングスクールを通って学びながら開発するのもオススメです。独学では質問できない箇所を質問することができますし。期間が決まっているために、効率的に学習することができます。

 

新しいスキルを習得する場合、質問に答えていくれる先生がいる環境、同じスキルを身につけようとしている人がいる環境、切磋琢磨できる環境が必須であります。いかに自分でその環境を整えて、習得したいスキルをいち早く身に付けることが重要です。習得にベストな環境で自分で考えて整えてみよう。

 

プログラミングスクールはこんな人にオススメです。

 

確実にスキルを習得したい人
質問できる環境で勉強したい人
独学で勉強することが苦手な人。
初めてプログラミングを勉強する人。

 

就職メインプログラミングスクールもありますが、ここではスキル特化型のスクールを厳選してみました。

 

スキル特化のプログラミングスクール
  1. オンラインで学べる TechAcademy
  2. オンラインでも教室でも学べる     TECH CAMP 

 

 

オンラインで学べる TechAcademy

TechAcademy iPhoneアプリ開発コース

 

TechAcademyとは、プログラミングやアプリ開発を学べる老舗のオンラインスクールになります。一人では継続できない方のために短期集中プログラム「オンラインブートキャンプ」を開催しており、現役のプロのサポートと独自の学習システムで短期間に成長することができます。

 

●TechAcademyの概要
  • プログラミングやアプリ開発を学べるオンラインスクール
  • 500社、25,000名を超える教育実績
  • 第13回 日本e-Learning大賞で「プログラミング教育特別部門賞」を受賞
  • 実践的なスキルを短時間で習得可能
  • 現役のプロがパーソナルメンターとなり、スキル習得を徹底サポート  

 

 

オリジナルのiPhoneアプリが作れる iPhoneアプリコース

TechAcademyでは、パーソナルメンターがつくiPhoneアプリ開発コースがあります。

週2回マンツーマンでのメンタリング、毎日15〜23時のチャット・レビューサポートで 短期間でオリジナルのiOSアプリを開発できるようになる学習プログラムになります。オリジナルiPhoneアプリをAppStoreで公開することがゴールとしており、Swift、Xcodeはもちろんのこと、Git/GitHub、Firebaseも学ぶことができます。

 

コースとしては、4週間プラン、8週間プラン、12週間プラン、16週間プランと期間によって価格は異なります。

 

期間 社会人費用 学生費用
4週間プラン 139,000円 109,000円
8週間プラン 189,000円 139,000円
12週間プラン 239,000円 169,000円
16週間プラン 289,000円 199,000円

 

個人的には、4週間プランで瞬間的に勉強することをオススメですが、ご自身に合う勉強方法で選択することが良いですね。

 

 

オンラインでも教室でも学べる TECH CAMP

TECH::CAMP 公式

 

TECH::CAMPとは、オンラインでも教室でも学べるオンラインスクールになります。全国6箇所(渋谷、新宿、池袋、東京駅前、名古屋、梅田)の教室が利用でき、教室はもちろん、オンラインでの質問が可能のため、疑問を即解消することができます。

 

TECH::CAMPの概要
  • 月額制ですべてのコンテンツ学び放題
  • 扱うコンテンツ:Webサービス開発、オリジナルサービス開発、AI、デザイン、テクノロジーセミナー
  • 教室利用時間/直接質問:平日16-22時、土日祝日13-19時
  • 受講後の満足度 98%
  • 無条件の全額返金保証あり  

 

 

TECH::CAMP で開催のiPhoneアプリ開発

TECH CAMPでは、iPhoneアプリ開発コースがあります。Swift言語、XcodeのInterface Builderの使い方などを学ぶことができます。TECH::CAMPでは、全てのコンテンツが使い放題などで講座別ごとの費用は必要ありません。かかる費用は下記の通りになります。

 

価格(税抜)
月額料金 14,800円(初月無料)
入会費用 148,000円(分割支払い可)

 

TECH CAMPでは、無条件で全額返金保証を行なっております。受講開始から7日以内であれば、全額返金してくれます。iPhoneアプリ開発コース以外にもすべてのコンテンツを学ぶことができるため、幅広い知識を習得したい人にオススメのスクールですね。幅広い知識が、スティーブ・ジョブズが話すように、いずれ線になって結ばれるかもしれませんし。

 

全額返金保証♪♪

 

最後に

今回は、フードロスに関するiOSアプリを開発するためのオススメの勉強方法4選についてまとめてみました。

 

僕自身、食品業界で取得できるスキルはある程度習得したと思っております。食品表示検定、惣菜管理士の資格も取得しました。そのため、数年前から仕事をしながら、wordpressを学んでWEB運営(食彩life)を行なっております。wordpressを学ぶ中で、プログラミング言語についても興味があり、Appleが開発したプログラミング言語、Swiftも継続して勉強しております。

 

いつか素晴らしいアプリを作れることを夢見て継続して勉強していきます。

 

食品従事者が独自の視点でフードロス関連サービスをまとめております。

 

 

LINE@登録 リンク

この記事を書いている人 - WRITER -
食品メーカー営業マンの食に関するブログを運営。 洗練された日々を目指して、食に捧げております。 【内容】食品に関わる試験/食品工場の見学/食品業界情報/食品の表示/スタートアップ食品業界の就活/ 【自分史】幼少期から食のこだわりが強い→大学受験失敗により北海道の大学へ→より食に目覚める→一部上場食品メーカー新卒入社→神速で退社→食品メーカーで営業マンとしてPB商品をつくる日々
詳しいプロフィールはこちら

スポンサードリンク


スポンサードリンク




- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 食彩life , 2019 All Rights Reserved.