洗練された日々へ

→惣菜管理士対策ページ完成。

四季島利用者と遭遇?北海道で一番の旅館、滝乃家の最高級の食事を堪能しよう

WRITER
 

スポンサードリンク


スポンサードリンク


この記事を書いている人 - WRITER -
食品メーカー営業マンが書く食に関するブログになります。食品について詳しくなれば日々の生活が少しでも豊かになると思ってます。★好きなことは、食べること、お酒を飲むこと、音楽鑑賞で、最高の一杯を探し求めています。
詳しいプロフィールはこちら

どうも。dai(@po_p_o_m)です。

今回は新婚旅行で行った最高級の旅館、滝乃家を紹介したいと思います。<5月訪問>北海道の登別温泉内にあり、最高級に本当に良かった旅館でした。(もてなし、食事、温泉等)あと、あの豪華列車「TRAIN SUITE 四季島」の利用者と遭遇しました^^(しかも滝乃家利用が初日で、「TRAIN SUITE 四季島」の一挙手一投足をテレビで報道されておりました)

そこまでの良い旅館なんですね!!

滝乃家について

トリップアドバイザーの評価

”滝乃家”はトリップアドバイザーが行なったランキング*にて北海道部門1位でしたよ^^日本の中では13位でした。

*トリップアドバイザーは、世界中の旅行者の口コミをもとに世界のホテルをランキングした「トラベラーズチョイス™ホテルアワード2017」を発表。そのうち日本のホテルだけを抽出したランキング「日本のベストホテル25」があり、滝乃家は堂々の13位ランキングしてます。

豪華客船 四季島のコースに組み込まれている

全く知りませんでしたが、あの「TRAIN SUITE 四季島」のコースに入っております。しかも、四季島のツアーで初めて滝乃家に宿泊する日でした。

「TRAIN SUITE 四季島」”深遊探訪”メニュー

コース名:「TRAIN SUITE 四季島」”深遊探訪”メニュー

宿泊期間:3泊4日

期間:2017年5月〜11月

『豊かな自然が四季折々に見せる風景や、自然と共にある暮らしや文化にふれる旅』

「TRAIN SUITE 四季島」 2018年7月〜9月出発分

現在予約を受け付けている「TRAIN SUITE 四季島」 2018年7月〜9月出発分でも、登別温泉「滝乃家」が2日目の宿泊施設に入っております。(2日目は下記のどちらかを設定しているそうです。ニセコ花園温泉「坐忘林」、登別温泉「滝乃家」またはニセコ昆布温泉「杢の抄」)

<価格表>

「TRAIN SUITE 四季島」 2018年7月〜9月出発分の申し込みをされております。(11月30日(木)18:00までで応募者多数なら抽選とのことでした。

外観・宿泊した部屋・温泉

滝乃家の外観

外観はこちらです。

入口
ウェルカムドリンクでもてなし

滝乃家での宿泊ホテル

宿泊した部屋は「403 早蕨」の部屋に宿泊。部屋に風呂もついています。和ベッドと庭園を一望出来る展望風呂付客室(AYタイプ)でした。(ベッドを配した8畳の和室と、洋間のリビング)

 403 早蕨
僕の背中映ってますね…

客室内の風呂^^

ベランダですかね。置いている椅子がなんとも味がありました。ここで風景を見ながら黄昏てましたね^^

ベランダから見渡す風景。

滝乃家での温泉について〜湧く。天と、地に。〜

源泉・地獄谷からいただく豊富な湯脈による二つの温泉が用意されている。

  • 地縁の湯:地階の湯処で、端正な樹々の姿を眺める風趣な庭の中にありました。
  • 雲井の湯:最上階の湯処で視界を遮るものはなく、樹林が織りなす四季折々の眺めと圧倒的な開放感を楽しめます。

画像引用:登別温泉郷 滝乃家の風呂その他施設 – 宿泊予約は<じゃらん>

晩飯〜皐月の御献立 若葉〜

ここまでのクラスの食事を食べた事がなく、感動の連続でした^^幸せを噛み締めてましたね!!

新婚旅行の利用という事で御厚意で女将の特製カクテルをいただきました。

<皐月の御献立 若葉>

<食前酒・先附・前菜>

<吸物>

<向附>

<強肴>

<焼肴>

<会肴>

<煮物>

<御飯>

<デザート>

朝食

今まで生きてきて一番豪華で豪勢な朝食でした^^湯豆腐までついておりました。

予約した手段・値段

JTBフリースタイル北海道で自由自在に組み合せる事ができるを利用。しかしそのプラン内で滝乃家は予約枠が埋まっており、予約できず。そのため、空きがあった旅行予約サイト(楽天トラベル)にて予約しました。

宿泊料金 大人2人(夕食・朝食あり)

71,280円 でした。

安いととるか、高いととるか人それぞれなのであれですが、これだけの体験なら僕は安いと感じました。あとちなみにGW期間の少し前のため安かったです。GW期間はやはり高かったですね。

僕はここで予約しました^^

店情報

店名 登別温泉郷 滝乃家

北海道登別市登別温泉町162

予約は要必須。なかなか取れにくいホテルですが、魅了されます。

最後に

今回は新婚旅行で宿泊した滝乃家についてまとめてみました。

心配り、料理(食事)、お風呂どれを取っても申し分なく、最高の新婚旅行を彩ってくれました^^最高級の食事でしたね。

素晴らしい旅館で、感動・驚きを与えてくれます。何か記念日にいかがでしょうか。最高の1日になりますよ。また、ご両親へのプレゼントにも必ず喜ばれると思いますよ!!

僕はまた妻と必ず行きます。それまでしっかり働こう思いました^^

ではでは。

この記事を書いている人 - WRITER -
食品メーカー営業マンが書く食に関するブログになります。食品について詳しくなれば日々の生活が少しでも豊かになると思ってます。★好きなことは、食べること、お酒を飲むこと、音楽鑑賞で、最高の一杯を探し求めています。
詳しいプロフィールはこちら

スポンサードリンク


スポンサードリンク


- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 食彩life , 2017 All Rights Reserved.