登録特典あり!

洗練された日々へ

【フードロス削減サービス】カオスマップ2019年版を作成してみた

食品ロスのショッピングサイト?Otameshi(オタメシ)とtabeloop(タベループ)の8つの違いと6つの共通点をまとめてみた。【食品従事者記載】

WRITER
 
食品ロスのショッピングサイト?Otameshi(オタメシ)とtabeloop(タベループ)の8つの違いと6つの共通点をまとめてみた。 アイキャッチ

スポンサードリンク


スポンサードリンク


この記事を書いている人 - WRITER -
食品メーカー営業マンの食に関するブログを運営。 洗練された日々を目指して、食に捧げております。 【内容】食品に関わる試験/食品工場の見学/食品業界情報/食品の表示/スタートアップ食品業界の就活/ 【自分史】幼少期から食のこだわりが強い→大学受験失敗により北海道の大学へ→より食に目覚める→一部上場食品メーカー新卒入社→神速で退社→食品メーカーで営業マンとしてPB商品をつくる日々
詳しいプロフィールはこちら

どうも。食品メーカーで業務用営業をしている dai です。プロフィールはこちら//最新情報をチェック公式のLINEはこちら

 

フードロス削減のEコマース(ショッピングサイト)である、Otameshiとtabeloopはご存知でしょうか。両者とも、購入するだけで社会貢献できるECサイトになります。

 

今回は、Otameshi(オタメシ)と「 tabeloop(タベループ)」との8つの違いと6つの共通点についてまとめてみました。同じ余剰食品の販売サイトではあるものの、分析してみると違いがありました。

 

 

スポンサードリンク

社会貢献型ショッピングサイト Otameshi(オタメシ)とは

Otameshi(オタメシ) 画像

 

社会貢献型ショッピングサイト Otameshi(オタメシ)とは、良い商品をお得に購入できて、少し社会貢献ができるショッピングサイトになります。お買物を通して様々な社会活動団体への支援ができます。株式会社 SynaBiz(本社:東京)が運営しております。

 

 

社会貢献型ショッピングサイト Otameshi(オタメシ)の仕組み

食品ロスの問題が世界的にも深刻な問題になっております。日本では、食べられるのに捨てられてしまっている食品(フードロス)が、643万トンと推計されております。(2016年度)

 

食品ロス量(平成28年度 推計値)

 

 

まだ食べられるものが捨てられてしまう問題、フードロスについて、社会全体が考えていかなければならない課題になります。日本のフードロスのうち291万トンが、消費段階の家庭で発生していると言われており、一人一人が行動の見直しがフードロスを減らしていく上で必要になります。

 

食品メーカーも例外でなく、泣く泣く廃棄しているという現状があります。その廃棄される理由は様々で、デザイン変更品、商売商品、賞味期限切れ間近、季節商品などで、一般流通できなくなり廃棄を余儀なくされております。

 

そこで、 Otameshi(オタメシ)で、廃棄予定だった商品を食品メーカーから提供してもらい、食品を中心に定価より圧倒的にお得な価格で販売しております。その上、すべての商品の売上の一部を一括してOtameshiから社会活動団体へ寄付しております。→寄付レポート|Otameshi(公式)

 

本来なら原則既存のルートで販売することができず、泣く泣く廃棄されてしまう商品をOtameshi(オタメシ)では販売することができ、フードロスに貢献しております。

 

 

「タベループ」とは

tabeloop(たべるーぷ、タベループ) 画像

 

tabeloop(たべるーぷ、タベループ)とは、売り手と買い手をつなぎ、業務用食品の仲介をするサービスになります。廃棄せざるを得ない食材を販売する仕組みになります。

 

買い手は、外食チェーン、仕出し、弁当、学生寮、その他、売り手は、食品・飲料・菓子メーカー、食品・飲料・菓子卸、小売店、農家・漁師、その他を想定されております。もちろん、個人でも購入することができます。

 

 

「タベループ」のサービスの概要

タベループのサービス(売り手と買い手をつなぐプラットフォーム)流れは、こちらになります。

 

tabeloop(たべるーぷ、タベループ) サービス概要

 

◉tabeloop(たべるーぷ、タベループ)の概要
  • 出品は無料
  • 会員登録料、月会費は一切かかりません。
  • 売り手には取引成約時に15%の手数料が発生します。
  • サービス開始 2018年6月29日リリース
  • 加盟店舗 1,362店舗(2018年11月24日現在)

 

関連記事をまとめております。

 

Otameshi(オタメシとtabeloop(タベループ)の8つの違い

ようやく本題になります。Otameshi(オタメシ)と tabeloop(タベループ)の8つの違いについて表にしてみました。

 

意外と違いがありました。大きく違うのは、tabeloop(たべるーぷ、タベループ)業務用食品の取り扱いがメインに対して、Otameshi(オタメシ)は食品、飲料に限らず、美容&健康、日用品、ペットフードを取り扱っていることですね。

 

Otameshi tabeloop
①取り扱い

アイテム1

食品、飲料に限らず、

 

美容&健康、日用品、

 

ペット用品、など

業務用食品のみ
②アイテム数2 2,316件 37件
③商品特徴3 一般家庭用向け。

 

カゴメ、UCC、AGFなどの

 

トップブランドの商品を取り扱う。

業務用向け商品を取り扱う。

 

量が多く、事業者向け。

④加盟店舗数

(協賛企業数)

不明 1,362店舗が加盟4
⑤販売者 食品メーカー、

 

洗剤メーカー、

 

ペットフードメーカーなど

食品メーカー、食品卸、

 

小売店、農家・漁師、

 

など

⑥想定利用者 一般消費者が中心。 外食チェーン、仕出し、

 

弁当、学生寮、その他

⑦寄付先の

選択性

寄付団体を

 

選択可能

寄付団体を

 

選択不可

⑧最大値引率5 80%引きの

 

商品あり

75%引きの

 

商品あり

 

(補足)
  1. 取り扱いアイテム数の集計は、2019年6月9日現在の情報を参照しております。(原則他の情報も同様。指定があればその情報を追記しております)
  2. アイテム数の算出に関して一部売り切れた商品(しかし掲載されている)も算出しております。
  3. 商品特徴に関しては下記に記載します。
  4. 2018年11月24日現在の情報を参照しております。
  5. 最大値引率の商品に関しては下記に記載します。

 

Otameshi(オタメシとtabeloop(たべるーぷ、タベループ)の出品商品の特徴

Otameshi(オタメシ)の商品ラインナップ例になります。一般消費者がスーパーで購入している商品がネットでお求めやすく購入することができます。

 

Otameshi 商品一覧例① 2019.6.9

Otameshi 商品一覧例② 2019.6.9 

 

誰もが知るブランドの商品や野菜生活などの有名商品なども取り扱いがあります。その上、会員限定シークレット商品やタイムセールもありますので、非常に便利なショッピングサイトになりますよ。

 

 

Otameshi 出品メーカー一覧

 

tabeloop(たべるーぷ、タベループ)の商品ラインナップ例になります。予約販売で魚の販売(天然ブリ、天然サワラ)がされておりました。一般消費者向けというより、食品関連事業者向けですね。

 

tabeloop(たべるーぷ、タベループ) 商品ラインナップ 2019.6.8

 

 

Otameshi(オタメシとtabeloop(たべるーぷ、タベループ)の最大値引率の商品はこれだ

Otameshi(オタメシ)の最大値引率の商品はこちらになります。なんと定価の80%の値引きを実現しております。

 

Otameshi  最大値引率の商品

 

次に、tabeloop(たべるーぷ)の最大値引率の商品はこちらになります。定価の75%の値引きを実現しております。

 

tabeloop(たべるーぷ、タベループ) 最大値引率の商品

 

最大値引率商品に関して

掲載日時によって異なります。タイムセール、在庫状況、賞味期限などによって変化しますのでご留意ください。

 

Otameshi(オタメシとtabeloop(たべるーぷ、タベループ)の課題分析

Otameshi(オタメシ)tabeloop(タベループ)の課題に関して独自分析しております。

 

Otameshi(オタメシ)とtabeloop(タベループ)の課題
  • Otameshi(オタメシ)としては、これまで通り協賛企業、商品ラインナップを拡充させる手法で良いのではないかと思っております。更なる商品力のあるメーカーの商品の取り扱い、一人当たりのOtameshi(オタメシ)での利用頻度を上げることができれば更なる発展ができるでしょう。
  • tabeloop(たべるーぷ、タベループ)としては、現状、提供商品アイテム数が少ないため商品ラインナップの拡充が必要かと思います。加盟店舗数を活用したいところです。 

 

Otameshi(オタメシ)と tabeloop(タベループ)の6つの共通点

Otameshi(オタメシ)とtabeloop(タベループ)の6つの共通点は下記の通りになります。

 

  1. 余剰食品削減のEコマース(ショッピングサイト)であること。
  2. 簡単に決済ができること。
  3. 購入することでフードロスの観点で社会貢献できる。
  4. 賞味期限の近い商品を販売している。
  5. 定価より大幅に安く販売している。
  6. 会員登録は無料。

 

最後に

今回は、同じ余剰食品のショッピングサイトであるOtameshi(オタメシ)tabeloop(たべるーぷ、タベループ)を比較し、共通点と違いをまとめております。

 

比較してみると共通点もありましたが大きな違いもありました。これからもOtameshi(オタメシ)tabeloop(たべるーぷ、タベループ)の発展を楽しみにしています。

 

 

フードロスに向き合う様々なサービスに関して、独自にまとめたページはこちらになります。ご関心があれば是非どうぞ^^

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
食品メーカー営業マンの食に関するブログを運営。 洗練された日々を目指して、食に捧げております。 【内容】食品に関わる試験/食品工場の見学/食品業界情報/食品の表示/スタートアップ食品業界の就活/ 【自分史】幼少期から食のこだわりが強い→大学受験失敗により北海道の大学へ→より食に目覚める→一部上場食品メーカー新卒入社→神速で退社→食品メーカーで営業マンとしてPB商品をつくる日々
詳しいプロフィールはこちら

 

フルタイムで仕事をしながら、二つのオウンドメディアを運営した秘訣をセミナー形式で無料で公開中。

オウンドメディア(ブログ)で効果的に集客したい方や稼ぎたい方にはおすすめの動画になります。

僕自身が食彩lifeに立ち上げから軌道に乗せるためにやったことを披露しております。

是非、自分の強みを生かしたメディア運営をあなたも身につけてください!!

 

『自分の強みを生かす!ポジショニングから考えるメディア運営』 アイキャッチ

スポンサードリンク


スポンサードリンク




- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 食彩life , 2019 All Rights Reserved.