登録特典あり!

洗練された日々へ

【フードロス削減サービス】カオスマップ2019年版を作成してみた

【野菜宅配大手オイシックスが予測】2019年トレンド野菜トップ5についてまとめてみた。

WRITER
 

スポンサードリンク


スポンサードリンク


この記事を書いている人 - WRITER -
食品メーカー営業マンの食に関するブログを運営。 洗練された日々を目指して、食に捧げております。 【内容】食品に関わる試験/食品工場の見学/食品業界情報/食品の表示/スタートアップ食品業界の就活/ 【自分史】幼少期から食のこだわりが強い→大学受験失敗により北海道の大学へ→より食に目覚める→一部上場食品メーカー新卒入社→神速で退社→食品メーカーで営業マンとしてPB商品をつくる日々
詳しいプロフィールはこちら

どうも。食品メーカーで業務用営業をしている  dai(@po_p_o_m)です。

 

2019年、平成最後の年でどんな年になるでしょうか。人それぞれ思い描く未来は違うと思いますが、オイシックスでは2019年注目の野菜トップ5を発表しておりました。安心安全な農産品や加工食品、ミールキットなどの食品宅配を展開するオイシックスで毎週300品目の野菜を取り扱うバイヤーが売れ行き、顧客の支持からの独自の観点で選出したとのことでした。

 

今回は、オイシックスが予測した2019年トレンド野菜トップ5についてまとめてみたいと思います。一部の商品は実際購入したことがあり、購入した商品に関しては独自感想も記載しております。

 

とりあえず公式ページを確認したい方はこちらですよ♪

オイシックス 公式サイトを見てみる

 

スポンサードリンク

2019年注目のトレンド野菜とは?

 

2019年の注目野菜はどれでしょうか?このランキングは、安心安全な農産品や加工食品、ミールキットなどの食品宅配を展開するオイシックスで毎週300品目の野菜を取り扱うバイヤーが売れ行き、支持からの独自の観点で選出したとのことでした。

 

●2019年 トレンド野菜予測ランキング
  • 1位 うしおな(ふだん草)
  • 2位 カリフラワー
  • 3位 ブロッコリー
  • 4位 切り株えのき
  • 5位 ミニねぎ 

 

 

1位 うしおな(ふだん草)とは

 

オイシックスが選ぶ2019年にトレンドになりそうな野菜の1位に選ばれたのは、うしおな(ふだん草)です。うしおなはまだ一般的に認知されておりませんが、葉物野菜特有のえぐみがなく旨味があり、また、ほんのりと塩味があるのが特徴になります。

 

実際、僕自身はおたのしみベジタブル980でうしおなと出会いました。うしおなのごま油炒め、うしおなとベーコン炒めを作りましたが、確かにほんのり塩味がします。個人的には、うしおなとベーコン炒めの方が好きで、ベーコンの塩味とうしおなの塩味が合間って、酒のあてにもってこいです。

 

 

2位 カリフラワー

カリフラワーとありますが、ここでは、カリフラワーライス【カリフライス】のことを指します。2018年8月に発売し、発売直後には想定の2倍以上の売り上げを記録したとのことでした。

 

カリフラワーライス【カリフライス】とは、カリフラワーの芯の部分をサイコロカットしたもので、白いご飯の代わりに食べる商品です。白いご飯の1/24の糖質、1/6のカロリーの商品になります。糖質を気にかけている方やカロリーを意識している方向けの商品になります。

 

食べてみましたが、個人的に低い評価になりました。糖質制限してダイエットしたい方にはオススメですね。ただし、白いご飯の代用は難しいように感じました。やはり白いご飯は王道で、美味しさを再認識しました。

 

 

3位 ブロッコリー

現在、筋力トレーニングする人の間で、ブロッコリーがブームになっているとのことでした。ごく限られた方の間で人気が高まっていますが、2019年度以降によりその人気が一般化し、積極的に食べられる機会が増えるのでは…

 

食品従事者daiの独り言

ブロッコリーがブームになっていることに、あまり実感がないのが個人的な意見です。ジムで筋トレしていないので、あれですが、冷凍のブロッコリーのレベルも上がっており、ブームが根付くかどうかは懐疑的です… 

 

4位 切り株えのき

オイシックスで人気に火がついている「切り株えのき」。えのき茸の根元の部分で、一般的には捨ててしまいますが、実は旨味が凝縮されている部分とのことでした。生産者より、実はこの部分が一番美味しいという言葉をきっかけに商品化されました。

 

食品従事者daiの独り言

これは非常に面白く、食べてみたことがないので早々に食べたい。バター醤油でステーキにすれば、旨味たっぷりのえのきの旨味が溢れるとのこと。早々に購入してみます^^ 

 

5位 ミニねぎ

近年、核家族化や単身世帯の増加により、小さめの野菜に注目が集まっているとのことでした。2019年にオイシックスで販売予定のミニサイズのねぎ。

 

白い部分は短くならず、青い部分が短くなり、全体的に普通の長ネギの3分の2ぐらいの長さになるとのことです。1本が冷蔵に入りきらず、カットしてしまうと鮮度が気になる方には注目の商品ですね。

 

食品従事者daiの独り言

もちろん、発売前なのでミニねぎを食べたことはありませんが、美味しいねぎは本当に美味しいですよ。すき焼きや焼肉すれば、肉よりねぎの方が美味しいってことは冗談抜きにありますよ。実際、ねぎマドンナは美味しかったですよ。 

 

関連記事→甘さが際立つねぎマドンナを購入する前に知っておきたい6つのこと【購入例・レシピあり/オイシックス】

 

オイシックス(Oisix)とは

有機・無添加食品の通信販売を行う会社。

有機野菜や乳製品、食肉加工品などの食品宅配専門スーパー「Oisix」を運営している。

 

  • 2017年 大地を守る会と経営統合、
  • 2018年2月 らでぃっしゅぼーや(株)の子会社化
  • 自然派食品宅配業界のトップ
  • 定期購入会員数:169,000人(2018年3月末)

食品宅配総市場規模は年々堅調に推移しておりシニア層および共働き世帯の利用により、今後も拡大基調になるのではないかと推測されております。

 

 

最後に

今回は、オイシックスが予測した2019年トレンド野菜トップ5について記載しました。

 

あくまで、オイシックスが独自の視点で分析したトレンド野菜ですが、非常に参考になったかと思います。野菜の旨味を感じるうしおな、糖質offの機能性に注目したカリフライス、核家族化や単身世帯の増加により、小さめの野菜が注目を浴びているなど、野菜を販売していないとわからない意見になります。

 

僕自身、加工食品の営業として食に向き合っており、生鮮食品のリアルのトレンドは疎くなりがちです。スーパーやオイシックスで実際商品を購入して、食の最先端を勉強しております。

 

もしご関心があれば、2019年トレンド野菜を食べてみるのはいかがでしょうか。

 

 

 

LINE@登録 リンク

この記事を書いている人 - WRITER -
食品メーカー営業マンの食に関するブログを運営。 洗練された日々を目指して、食に捧げております。 【内容】食品に関わる試験/食品工場の見学/食品業界情報/食品の表示/スタートアップ食品業界の就活/ 【自分史】幼少期から食のこだわりが強い→大学受験失敗により北海道の大学へ→より食に目覚める→一部上場食品メーカー新卒入社→神速で退社→食品メーカーで営業マンとしてPB商品をつくる日々
詳しいプロフィールはこちら

スポンサードリンク


スポンサードリンク




- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 食彩life , 2019 All Rights Reserved.