こちらもフォローしてね!

洗練された日々へ

LINE@始めたよ。【無料特典あり】

マツタケだけじゃない!知る人ぞ知る絶品おいしいきのこ4選【業界のプロが選出】

WRITER
 
絶品きのこ 4種(アイキャッチ)

スポンサードリンク


スポンサードリンク


この記事を書いている人 - WRITER -
食品メーカー営業マンの食に関するブログを運営。 洗練された日々を目指して、食に捧げております。 【内容】食品に関わる試験/食品工場の見学/食品業界情報/食品の表示/スタートアップ食品業界の就活/ 【自分史】幼少期から食のこだわりが強い→大学受験失敗により北海道の大学へ→より食に目覚める→一部上場食品メーカー新卒入社→神速で退社→食品メーカーで営業マンとしてPB商品をつくる日々
詳しいプロフィールはこちら

どうも。食品メーカーで業務用営業をしている  dai(@po_p_o_m)です。

 

前回、多木化学(株)がバカマツタケの完全人工栽培に成功したことに関してまとめてみました。成功したものの、量産化、事業化など一般市場に並ぶために様々な障壁があるのが事実です。

 

そのため、今回は、食品従事者が選ぶ知る人ぞ知るおいしいきのこ4選についてまとめてみたいと思います。大学生の時に長野で天然のしいたけを炭焼きで食べたのですが、その大きさ、香り、肉厚な食感に舌鼓を打ち、それ以来様々なきのこを探してました。

 

 

スポンサードリンク

一般的なキノコと効能

一般的なキノコ類は、しいたけ、まいたけ、えのき、しめじでしょうか?基本的にそのどれかはスーパーマケットに陳列されております。キノコ類は、ビタミン類、ミネラル、食物繊維が豊富で、特有の旨み成分であるグアニン酸を含んでいます。

 

キノコの種類 旬な時期(天然)
しいたけ 春、秋
まいたけ 10〜11月
えのき 10〜3月
しめじ 9〜10月

 

天然産のきのこで食べたことがあるのは、僕はしいたけだけです。長野で炭焼きで食べたのですが、その大きさ、香り、肉厚な食感に感動しました。しいたけが苦手な方は、ぜひ天然物を食べて欲しいと思っております。

 

食品業界のリアル

キノコ類(まいたけ、えのき、しめじなど)は、技術革新により工場で生産できる製品化しており、天然なキノコを食べる機会はかなり少ないの現状です。工場で安定的に生産され、天候に左右されないため、野菜の価格が高騰してもある程度の価格帯で販売できますし、特売のアイテムになりやすい。

 

知る人ぞ知るおししいきのこ4選

知る人ぞ知るおいしいきのこ4選はこちらです。なかなか聞きなれないキノコがたくさんありますよね。

 

業界のプロが選ぶキノコ4選
  1. 出汁いらず サンゴヤマブシタケ
  2. 乾燥しいたけのナマバージョン 生どんこ
  3. 香り薫る アロマイタケ
  4. どんな料理にも使える 足長なめこ

 

 

出汁いらず サンゴヤマブシタケ

サンゴヤマブシタケ ①
サンゴヤマブシタケ ②

 

久保産業有限会社を生産した、ヤマブシタケ

いにしえより中国では、珍味として珍重されており、ヘリセノン類、β-グルカンなどの豊富な栄養素を含有しております。

 

本来、ヤマブシタケは白い球状になるとのことですが、きれいなサンゴ状になるように工夫して生産しているとのことでした。もちろん、育てる時には薬剤などは一切使用しておりませんよ。

 

◉サンゴヤマブシタケの中身

珊瑚の形状をきのこで表現しております。

サンゴヤマブシタケ ③

 

味噌汁具材 サンゴヤマブシタケ 調理例①
味噌汁サンゴヤマブシタケ 調理例②

 

僕は、こちらを味噌汁にしました。

だしいらずとはこのことで、きのこの豊かな出汁が出ます。それでいて、キノコのえぐみといった出汁は出てこず、非常に美味しかったです。思わず、お代わりしてしまいましたよ^^オイシックスで購入しましたが、非常に良かった一品です。

 

 

乾燥しいたけのナマバージョン 生どんこ

生ドンコ ホクト 

(引用:一番採り 生どんこ | ホクト株式会社

 

キノコ生産の最大手、ホクト株式会社のプレミアムきのこである、生どんこ

どんことは、乾燥しいたけの呼称ですが、そのどんこの味わいを水で戻さずに楽しめるのがこちらの「生どんこ」になります。

 

◉主な効能

  • 一番採りだけを出荷しており、旨味強度が抜群
  • 味・歯ごたえが他社のしいたけより良いとされる。(しいたけ試食試験2017年7月実施)
  • 肉厚で贅沢な食べ応え

 

スーパーを中心に販売しております。ご関心があれば、最寄りのスーパーで確かめてみよう。

 

香り薫る アロマイタケ

アロマイタケ ①
アロマイタケ②

 

芳醇な香りが特徴の、アロマイタケ

クヌギやナラなど自然の木を使用することで、通常のマイタケよりも香りが良くなっているとのことでした。

 

調理例①アロマイタケ 調理例①
調理例②アロマイタケ 調理例②

 

キノコの出汁を感じるのは味噌汁が一番だと思い、こちらを味噌汁にして食べました。

 

正直、粉末の出汁の素はいらないです。アロマイタケを煮詰めるだけで、自然で香り豊かな出汁が出てきます。こちらに味噌を溶けば完成です。アロマイタケの食感も良く、これは水炊きやアヒージョにも合いそうだと感じました。

 

こちらの商品はオイシックスが取り扱っており、僕はオイシックスで購入しました。

 

どんな料理にも使える 足長なめこ

 

どんな料理にも使える、足長なめこ

大粒でいて、ぬめりが少なく食感もよいです。非常に食べ応えのある大粒なめこで、バター醤油でソテーしたり、お蕎麦のトッピングにも合います。

 

●具材一例 
●完成品 

 

僕自身は、足長なめこと豚肉の塩にんにく炒めを作ってみました。なめこを初めて炒め料理で食べましたが、非常に美味しく、食感もアクセントがあり大満足でした。

 

こちらの商品は、オイシックスを初めて利用する方限定の「お試しセット」に入っておりました。お試しセットの中身は選択できませんが、一般では手に入りにくい特別な野菜が入っており、大満足でした。実際、今でも定期的に利用しておりますし。ご関心があればいかがでしょうか。

 

 

 

最後に

今回は、食品従事者が選ぶ知る人ぞ知るおいしいきのこ4選をについてまとめてみました。

 

まだまだ美味しいキノコはたくさんあり、機会があれば様々なキノコを食べてみたいと思います。スーパーにあるキノコが全てではなく、流通に乗らないが美味しいキノコはたくさんあります。地産地消され、地域の名産品いるキノコを是非この機会に食べてみましょう。

 

 

LINE@登録 リンク

この記事を書いている人 - WRITER -
食品メーカー営業マンの食に関するブログを運営。 洗練された日々を目指して、食に捧げております。 【内容】食品に関わる試験/食品工場の見学/食品業界情報/食品の表示/スタートアップ食品業界の就活/ 【自分史】幼少期から食のこだわりが強い→大学受験失敗により北海道の大学へ→より食に目覚める→一部上場食品メーカー新卒入社→神速で退社→食品メーカーで営業マンとしてPB商品をつくる日々
詳しいプロフィールはこちら

スポンサードリンク


スポンサードリンク




- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 食彩life , 2018 All Rights Reserved.