登録特典あり!

洗練された日々へ

【フードロス削減サービス】カオスマップ2019年版を作成してみた

名前が似すぎ!JFDA(ジェフダ)とJFSA(ジェフサ)の違いに関してまとめてみたよ【現役食品メーカー営業マンが記載】

WRITER
 
名前が似すぎ! JFDA(ジェフダ)とJFSA(ジェフサ)の違いについてまとめてみたよ アイキャッチ

スポンサードリンク


スポンサードリンク


この記事を書いている人 - WRITER -
食品メーカー営業マンの食に関するブログを運営。 洗練された日々を目指して、食に捧げております。 【内容】食品に関わる試験/食品工場の見学/食品業界情報/食品の表示/スタートアップ食品業界の就活/ 【自分史】幼少期から食のこだわりが強い→大学受験失敗により北海道の大学へ→より食に目覚める→一部上場食品メーカー新卒入社→神速で退社→食品メーカーで営業マンとしてPB商品をつくる日々
詳しいプロフィールはこちら

どうも。食品メーカーで業務用営業をしている dai です。プロフィールはこちら//最新情報をチェック公式のLINEはこちら

 

長年食品メーカーで営業しており、ずっと業務用の営業を行なっています。食品メーカーの業務用営業とは、業務用問屋、学校給食、食品メーカーへ原料売りなどになります。入社当時につまずいた知識についてまとめてみます。

 

今回は、JFDA(ジェフダ)とJFSA(ジェフサ)の違いに関してまとてめてみたいと思います。非常に名前が似ており、中身も非常に似ておりますが、運営母体が異なります。その上、それぞれPB商品があり、本当に名前がややこしいですよね。

 

 

スポンサードリンク

JFDA(全日本外食流通サービス協会)について

JFDA 公式1

 

まず、JFDAとは、なんでしょうか?調べてみました。

 

☆全日本外食流通サービス協会(JFDA)について
  • 1980年設立。
  • 住所:東京都港区新橋2-21-1新橋駅前ビル2号館904
  • 全日本外食流通サービス協会(JFDA)は、全国各地の外食産業食品流通サービス業者の集まりになります。
  • 全国の加盟卸店の情報を集約化し、ユーザーが求める商品を提供する目的。
  • 会員の売上額2,800億円、ジェフダブランド商品も約850アイテム
  • 業務用食品であるジェフダブランド(いわゆるPB食品)を販売・促進  

 

JFDAとは、外食産業をメインに取引のある業務用卸の集まりになります。基本理念として、「同一意志、同一政策、同一商品の販売」が掲げ、ジェフダブランド商品の開発・育成・販売を行なっております。

 

 

 

ジェフダブランド商品とは

全日本外食流通サービス協会(JFDA)には、ジェフダブランド商品と呼ばれるPB商品があります。そのアイテムは多岐にわたり、調味料(和風・洋風)、冷凍食材、ドレッシングだけでなく、酒類やアルミホイルやキッチンペーパーの非食品も手掛けております。

 

 

全日本外食流通サービス協会(JFDA)の基本理念として、「同一意志、同一政策、同一商品の販売」を設けており、積極的にジェフダブランド商品の開発を行い、今では、約850アイテムのジェフダブランド商品があります。

 

◯ジェフダブランド商品例(一部抜粋)

ジェフダブランド商品 オレンジジュース
ジェフダブランド商品 たこ焼き

 

 

加盟店舗に関して

全日本外食流通サービス協会(JFDA)の加盟店舗は、北は北海道、南は沖縄と全国で加盟店舗があります。加盟会員の売上額2,800億円となっております。

 

 

JFSA(日本外食流通サービス協会)について

JFSA 公式1

 

次に、JFSAを調べてみました。

 

☆JFSA(日本外食流通サービス協会)について
  • 1980年設立。
  • 住所:仙台市宮城野区扇町五丁目6-22(株)サトー商会ビル内
  • 日本外食流通サービス協会(JFSA)は、全国各地の外食産業食品流通サービス業者の集まりになります。
  • JFSA会員は正会員23社、登録会員8社と賛助会員(取引メーカー)107社により構成
  • 会員の業務用食材売上額 5,262億円、会員共事業取扱高 1,503億(平成29年度実績)
  • JFSAのPB商品も約540アイテム取り扱う
  • 業務用食品であるジェフサブランド(いわゆるPB食品)を販売・促進  

 

JFSAの基本理念として、「全国同一の流通サービスや商品を取り扱い、全国同一精神で同一政策を遂行する」ことを掲げ、ジェフサブブランド商品の開発・育成・販売を行なっております。

 

 

ジェフサブランド商品とは

日本外食流通サービス協会(JFSA)には、ジェフサブランド商品と呼ばれるPB商品があります。その商品は様々で、グロサリー食材、チルド食材、冷凍食材だけでなく、酒類やラップやアルコールなどの非食品も手掛けております。

 

 

日本外食流通サービス協会(JFSA)の基本理念として、「全国同一の流通サービスや商品を取り扱い、全国同一精神で同一政策を遂行する」設けて、積極的にPB商品の開発を行い、今では、約540アイテムのジェフサブランド商品があります。

 

◯ジェフサブランド商品例(一部抜粋)

 

JFSA商品例

 

 

加盟店舗に関して

日本外食流通サービス協会(JFSA)では、正会員23社、登録会員8社と賛助会員(取引メーカー)107社により構成されております。会員31社の業務用食材売上額は、5,262億円に達し、賛助会員107社からの購入高も、1,503億に推移しております。(平成29年度実績)

 

リンク先
正会員 23社 サトー商会、協食 etc 詳しくはこちら(公式)
登録会員 8社 (株)トワニ 北見 etc
賛助会員(共販メーカー) マルハニチロ、大冷 etc 詳しくはこちら(公式)
賛助会員(協力メーカー) 日本製粉、ケイハン etc 詳しくはこちら(公式)

 

正会員・登録会員と共販メーカ(賛助会員)との一体化により事業の振興を図ります。具体的には、正会員・登録会員と共販メーカーとの間で年間取引目標を共同の責任で決定し、その達成に向けて邁進していきます。

 

JFDA(ジェフダ)とJFSA(ジェフサ)の違い

上記のことから、JFDA(ジェフダ)とJFSA(ジェフサ)の違いをまとめてみました。

 

JFDA JFSA
読み方 ジェフダ ジェフサ
運営 全日本外食流通サービス協会 日本外食流通サービス協会
所在地 東京都 宮城県
PB商品 ジェフダ ジェフサ
PB商品数 約850アイテム 約540アイテム
会員売上額 2,800億円 5,262億円

 

ワンポイントアドバイス

新入社員時代全く覚えられなかったので、ジェフサはトマトマークで覚えておりました。他にも商品群があり品質により分類されているとのことでした。

 

最後に

今回は、JFDA(ジェフダ)とJFSA(ジェフサ)の違いについて記載したいと思います。

 

名前が似すぎているために、業務用営業する新入社員時代がつまずくポイントになります。しかし、調べてみると運営団体も所在地も違います。もちろん、業務用卸の団体であり、それぞれPB商品があります。お時間があれば、業務店向けスーパーに行けば販売されておりますので、注意深くみてください。販売者が違いますよ。

 

JFDAやJFSAに商品提案するにあたって、この記事が参考になれば幸いです。

 

 

LINE@登録 リンク

この記事を書いている人 - WRITER -
食品メーカー営業マンの食に関するブログを運営。 洗練された日々を目指して、食に捧げております。 【内容】食品に関わる試験/食品工場の見学/食品業界情報/食品の表示/スタートアップ食品業界の就活/ 【自分史】幼少期から食のこだわりが強い→大学受験失敗により北海道の大学へ→より食に目覚める→一部上場食品メーカー新卒入社→神速で退社→食品メーカーで営業マンとしてPB商品をつくる日々
詳しいプロフィールはこちら

スポンサードリンク


スポンサードリンク




- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 食彩life , 2019 All Rights Reserved.