洗練された日々へ

→惣菜管理士対策ページ完成。

加工食品に含まれる食品アレルギーはすぐわかるかな?アレルゲン物質の見分け方をまとめてみたよ。(基礎編)

WRITER
 

スポンサードリンク


スポンサードリンク


この記事を書いている人 - WRITER -
食品メーカー営業マンが書く食に関するブログになります。食品について詳しくなれば日々の生活が少しでも豊かになると思ってます。★好きなことは、食べること、お酒を飲むこと、音楽鑑賞で、最高の一杯を探し求めています。
詳しいプロフィールはこちら

どうもdai(@po_p_o_m)です。

食品アレルギーにおいて日に日に関心が高まっている今日この頃です。僕自身、仕事をしていてもアレルゲンの問い合わせも多く実に感じております。

今回、加工食品における食品アレルギーの見分け方について記載しました。アレルゲンの一括表示の商品をもとに記載しております(写真解説付き)。食品表示法(2015年4月施行*)に準拠して記載しております。

アレルゲンの種類・分類

本題に入る前に食品アレルギー物資について軽くまとめてみました。

食品アレルギー物資一覧関しては下記の通りになります。

分類 名称 理由
特定原材料 卵、乳、小麦、えび、かに 症例数が多い
そば、落花生 症状が著しく重く、命に関わるため特に注意が必要
特定原材料に準ずるもの アワビ、いか、いくら、オレンジ、

キウイフルーツ、牛肉、くるみ、

さけ、さば、大豆、鶏肉、バナナ、

豚肉、まつたけ、もも、やまいも、

りんご、ゼラチン、ごま、

カシューナッツ、

症例数が少ない
  • 特定原材料(7品目):7大アレルゲンとも言われており、7品目の表示を義務付けております。
  • 特定原材料に準ずるもの(20品目):症例数や重篤な症状を引き起こす人が継続的にみられるために、定めております。可能な限り表示することを推奨しております。

詳しく知りたい方は下記ベージをみてください。初期知識を4,000文字を超える分量でまとめてみました^^(全ての食品アレルギ27品目全てに画像+一言メモ付き)

 

実際の商品を見てみよう

それでは、実際商品を見て見ましょう。

商品名:銀座カリー 中辛( 株式会社明治) 表面

家にあったレトレトカレーになります。余談ですが普通に美味しいですよね^^

商品名:銀座カリー 中辛( 株式会社明治) 裏面

こちら食品アレルギー(を引き起こす食品)はを何になるでしょうか?

明治の場合、親切にアレルギー物質を別欄で分けて記載してくれてますが、別記様式を見てアレルギー物質を判明することが望ましいです。(この商品のように別枠でアレルギー物質を分けている商品は珍しいため。

正解はこちらの写真になります。後述の食品表示の見方を知ればわかりますよ^^

→アレルゲン物質小麦・乳成分・牛肉・大豆・鶏肉・りんご・ゼラチン

となります。どのようにして判断していくか、次で記載しようと思います。

一口コメント

アレルゲン物質を別枠で記載するのは、大手食品メーカーが進んで表示しているケースが多いです。(社内基準、ハウスルールであることが多い)

食品表示法では、別記様式内で記載すれば良いのですが、消費者目線でわかりやすく記載されておりますね。

アレルゲン物質の見分け方〜表記の仕方を知ろう〜

加工食品に含まれるアレルギー物質を知るためには、表示のルールを知ることが必要になります。

食品表示法では、アレルゲン物質の表記に関して、個別表示と一括表記の2種類ルールがあります。

  1. 個別表示
  2. 一括表示

*個別表示と一括表示を組み合わせて使用することはできません。

個別表示とは

個別表示とは、個々の原材料または添加物の直後にカッコ書きで特定原材料など(アレルゲン物質)を記載する仕方のことをいいます。食品添加物とそれ以外の原材料で表記の仕方が異なります。

食品添加物以外の表記の仕方は下記の通りになります。(上:書き方例、下:実例)

原材料の表記の場合 食品名(〜を含む)
クリーム加工品(乳成分を含む)

ソテーキャロット(豚肉含む)

 

使用した食品添加物がアレルゲン物質などから作られていた場合表記の仕方が違います。食品添加物の表示例ははこちらになります。

添加物の表記の場合 添加物(〜由来)
乳化剤(大豆由来)

 

一括表示とは

一括表示とは、原材料を全て記載した後にカッコ書きでまとめて特定原材料など(アレルゲン物質)を表示する仕方のことをいいます。

使用している原材料が多く、表示可能面積に制約がある場合などに一括表示を適用することができる。

記載の仕方 一部に〜・〜・〜を含む
(一部に小麦・牛肉・乳成分を含む)
一口コメント

個別表示、一括表示にかかわらず、アレルゲン物質の表示において「〜由来」とあれば、食品添加物由来であることがわかります。

 

もう一度商品を見直してみよう。

今回の商品「銀座カリー 中辛( 株式会社明治)」は、個別表示ではなく一括表示になります。その上で赤い枠内を注目してください。

別記様式の原材料名を書き出すと下記の通りで、上記のことより下線部がアレルゲン物質ですね。

原材料名:牛肉、ソテーオニオン(たまねぎ、りんご、香味油、にんにく)、炒め玉ねぎ、小麦粉、たまねぎ、動物油脂、トマトペースト、砂糖、カレー粉、濃縮ブイヨン、食塩、ビーフエキス、植物油脂、ベース調味料、バター、香辛料、クリーミングパウダー、ブイヨンオイル/調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、乳化剤、香料、(一部に小麦・乳成分・牛肉・大豆・鶏肉・りんご・ゼラチンを含む)

→余談ですが「/」 の後ろは添加物表記だよね。ご不明の場合、下記の記事を読んでいただければ^^

 

最後に

今回は加工食品における食品アレルギーの見分け方について記載しました。アレルゲンの一括表示の商品をもとに記載しております。

食品アレルギーに悩んでいる人の知識に少しでもなれば幸いです。

この記事を書いている人 - WRITER -
食品メーカー営業マンが書く食に関するブログになります。食品について詳しくなれば日々の生活が少しでも豊かになると思ってます。★好きなことは、食べること、お酒を飲むこと、音楽鑑賞で、最高の一杯を探し求めています。
詳しいプロフィールはこちら

スポンサードリンク


スポンサードリンク


- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 食彩life , 2018 All Rights Reserved.