こちらもフォローしてね!

洗練された日々へ

LINE@始めたよ。【無料特典あり】

惣菜管理士3級合格のために『食物と栄養』で最低限知っておきたい7つのこと【独自対策⑤】

WRITER
 

スポンサードリンク


スポンサードリンク


この記事を書いている人 - WRITER -
食品メーカー営業マンの食に関するブログを運営。 洗練された日々を目指して、食に捧げております。 【内容】食品に関わる試験/食品工場の見学/食品業界情報/食品の表示/スタートアップ食品業界の就活/ 【自分史】幼少期から食のこだわりが強い→大学受験失敗により北海道の大学へ→より食に目覚める→一部上場食品メーカー新卒入社→神速で退社→食品メーカーで営業マンとしてPB商品をつくる日々
詳しいプロフィールはこちら

どうもdai(@po_p_o_m)です。

前回は、惣菜管理士3級の科目「惣菜の調理加工」についてまとめてみました。

今回は惣菜管理士3級の科目「食物と栄養」で最低限知っておきたい7のことについて記載したいと思います。ちなみに僕自身は1級の資格を持っております。過去問は手に入りませんので、「添削問題」や「惣菜管理士試験問題集」をみて学習するしかないです。

 

スポンサードリンク

惣菜管理士3級について

まず惣菜管理士3級について記載します。

惣菜管理士三級の試験範囲

惣菜管理士三級の試験範囲はこちらになります。

<コンセプト> 安全と栄養

<レベル>        基礎的な知識、担当者レベル

<科目>
  1. 惣菜概論
  2. 食品の衛生と安全 
  3. 食品の原材料とその取り扱い方
  4. 惣菜の調理加工
  5. 食物と栄養⇦今回はここ!!
  6. 食品に関する法律

 

個人的に受講に当たっての感想(2015年)

該当年の試験に関して記載いたします。基本的に、「惣菜管理士問題集」のみ行えば合格可能になりました。ただし、設問の聞き方など丸暗記では対応できない工夫がしてあり、それなりに勉強することをお勧めします。周りに人は一夜漬けで合格した人もいました。僕自身は勉強しすぎたと思います。

<僕の勉強時間>

  • 勉強開始:試験2週間前から
  • 平日の通勤時間:30分×2回
  • テスト前週の土日:各1時間
  • テスト前日:1時間

2017年惣菜管理士資格試験合格者および合格率

2017年惣菜管理士資格試験合格者および合格率について記載しております。

級別 受験者数 合格者数 合格率
一級 730名 628名 86.0%
二級 953名 870名 91.3%
三級 1,895名 1,689名 89.1%
合計 3,578名 3,187名 89.1%

「惣菜産業新聞JMニュース 2017.8.1発行」引用

ここから各単元ごとに暗記項目を記載しておきます。(独自の暗記項目ですが、試験範囲内なんで最低限暗記しておくことは好ましいですよ)今回は、食物と栄養になります。

 

「食物と栄養」で最低限覚えておきたい7のこと

必須アミノ酸について

体の中で合成されず、食物で摂取しなければならない必須アミノ酸は9種類あります。全て暗記しておこう。

フェニルアラニン、トリプトファン、イソロイシン、ロイシン、バリン、リジン、スレオニン(トレオニン)、ヒスチジン、メチオニンの9種類の必須アミノ酸ですよ。

 

生活習慣病に該当する病気について

生活習慣病に該当する病気に関して下記の通りになります。すべて覚えよう。

糖尿病、高血圧、脂質異常症、動脈硬化症、心疾患、脳血管疾患、悪性新生物(ガン)など

 

緑黄色野菜について

「緑黄色野菜」とは、可食部100gあたり、カロテンが600μg以上を含有する野菜*のことです。

ホウレンソウ、カボチャ、小松菜、春菊、ブロッコリーなどがそれに当たる。

補足

*一部数値が満たないが、摂取量および頻度を勘案して緑黄色野菜としている。(アスパラ、サヤインゲン、オクラ、トマト、ピーマンなど)

 

基礎代謝について

基礎代謝とは、呼吸、循環、排泄などの生理状態を維持するのに必要最低限のエネルギーをのことです。基礎代謝は体重や体格、性別などの違いに影響される

基礎代謝量は、成人男性が1,200〜1,600kcal、成人女性が1,000〜1,200kcalになる。

 

炭水化物について

炭水化物とは、もっとも摂取量が多い栄養素です。ヒトの体内で合成できず、食事でとるしかありません。

単糖類、少糖類、多糖類に分類される。(糖類の結合の仕方により分類)

糖類
単糖類 ブドウ糖(グルコース)、果糖(フルクトース)
二糖類 ショ糖(スクロース)、乳糖(ラクトース)
少糖類 マルトオリゴ糖
多糖類 デンプン、セルロース
一口メモ
  • デンプン:ブドウ糖が多数結合したもの。
  • セルロース:βグルコースが多数結合したもの。ヒトの消化酵素では消化されない。

 

タンパク質について

タンパク質とは、アミノ酸が多数結合した高分子化合物です。アミノ酸同士の結合を、ペプチド結合と言います。

タンパク質を分解する消化酵素は、ペプシン、トリプシン、キモトリプシンです。

アミノ酸価は、植物性タンパク質より動物性タンパク質のほうが栄養価が高いものが多い。

 

脂質について

脂質とは、脂肪酸とグリセロールが結合した高分子化合物です。

注意ポイント

脂肪酸には、飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸がある。

  • 飽和脂肪酸:二重結合を持たない構造式。
  • 不飽和脂肪酸:二重結合を一つ以上持つ構造式。

n-6系高不飽和脂肪酸とn-3系高不飽和脂肪酸の摂取バランスが重要と言われている。

n-6系高不飽和脂肪酸:植物油(リノール酸)、肉類(アラキドン酸)に含まれる。

n-3系高不飽和脂肪酸:魚介類に含まれる。秋刀魚、イワシ、サバなどに含まれる。

 

最後に

今回は惣菜管理士3級の科目「食物と栄養」で最低限知っておきたい7のことについて記載いたしました。

受験される方のお力になれれば幸いです^^

 

LINE@登録 リンク

この記事を書いている人 - WRITER -
食品メーカー営業マンの食に関するブログを運営。 洗練された日々を目指して、食に捧げております。 【内容】食品に関わる試験/食品工場の見学/食品業界情報/食品の表示/スタートアップ食品業界の就活/ 【自分史】幼少期から食のこだわりが強い→大学受験失敗により北海道の大学へ→より食に目覚める→一部上場食品メーカー新卒入社→神速で退社→食品メーカーで営業マンとしてPB商品をつくる日々
詳しいプロフィールはこちら

スポンサードリンク


スポンサードリンク




- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 食彩life , 2018 All Rights Reserved.