洗練された日々へ

→惣菜管理士対策ページ完成。

惣菜管理士1級合格のために『食品工場経営論』で最低限知っておきたい7つのこと【独自対策⑥】

WRITER
 

スポンサードリンク


スポンサードリンク


この記事を書いている人 - WRITER -
食品メーカー営業マンが書く食に関するブログになります。食品について詳しくなれば日々の生活が少しでも豊かになると思ってます。★好きなことは、食べること、お酒を飲むこと、音楽鑑賞で、最高の一杯を探し求めています。
詳しいプロフィールはこちら

どうもdai(@po_p_o_m)です。

前回は、惣菜管理士1級の科目「労働と安全」についてまとめてみました。

今回は惣菜管理士1級の科目「食品工場経営論」で最低限知っておきたい7のことについて記載したいと思います。

ちなみに僕自身は1級の資格を持っております。過去問は手に入りませんので、「添削問題」や「惣菜管理士試験問題集」をみて学習するしかないです。

 

惣菜管理士一級について

まず惣菜管理士一級について記載します。

惣菜管理士一級の試験範囲

<コンセプト> 経営と管理

<レベル> 高度な専門知識、工場長・管理レベル

<科目>

  • 惣菜工場のHACCP管理
  • 冷凍食品の技術
  • 応用栄養学
  • 食品の官能評価
  • 労働と安全
  • 食品工場経営論⇦今回はここ!!

 

受講に当たって感想(2017年)

該当年の試験に関して記載いたします。他の級より暗記事項は増え、理解するのに時間がかかります。また、一級から計算問題があり、その計算式を理解するのに時間がかかります。また「惣菜管理士問題集」のみの勉強で受かることは難しいかもしれません。通信教育の問題も目を通すことは必須だと思います。

「惣菜工場のHACCP管理」「食品の官能評価」は今回難易度が高かったように感じました。

*HACCPの知識、官能評価での統計問題、損益分岐点などの計算問題などしっかり理解しておかないと、問題に対応できないと思います。

僕自身の勉強時間は適正でしたが、理解・暗記進捗が想定より遅く、勉強開始月が早めるべきだったと思いました。

<僕の勉強時間>

  • 勉強開始:試験2週間前から
  • 平日の通勤時間:30分×2回、帰宅して時間があれば30分
  • テスト前週の土日:各3時間
  • テスト前日:3時間

 

2017年惣菜管理士資格試験合格者および合格率

2017年惣菜管理士資格試験合格者および合格率について記載しております。

級別 受験者数 合格者数 合格率
一級 730名 628名 86.0%
二級 953名 870名 91.3%
三級 1,895名 1,689名 89.1%
合計 3,578名 3,187名 89.1%

「惣菜産業新聞JMニュース 2017.8.1発行」引用

ここから各単元ごとに暗記項目を記載しておきます。(独自の暗記項目ですが、試験範囲内なんで最低限暗記しておくことは好ましいですよ)今回は、食品工場経営論になります。

 

「食品工場経営論」で最低限覚えておきたい7のこと

マーケティングの分類について

マーケティングとは、3Cを分析し、4Pをうまくミックスすることです。

 

アンゾフの経営戦略論について

アンゼフの経営戦略論をまとめてみました。

市場と製品の2軸を設定、それぞれ既存・新規と分けることにより、分類しました。

市場/製品 既存 新規
既存 市場浸透戦略 新製品開発戦略
新規 市場開発戦略 多角化戦略

 

2:8の原則について

2:8の原則とは、1,000人の顧客がいる場合、上位の顧客200人で売上高の80%を占めるという原則になります。特に小売業ではこの原則が当てはまる。

 

RFM分析に関して

RFM分析とは、顧客の購買行動を分析するものになります。

最近の購入日、購入頻度、購入金額という3つの側面から顧客を分析します。

◎RFMのそれぞれの意味

  • R:Recently      顧客が最後に商品を購入した日
  • F:Frequency   顧客の購入頻度
  • M:Monetary   顧客の購買金額 

一般的には、それぞれの項目を5段階で評価し、RFMのそれぞれの項目が最も高いランクの555の顧客が最も良い顧客であるといえる。(111の場合、その会社にとってはどうでもよい客)

 

SWOT分析に関して

SWOT分析とは、競合他社を分析する手法になります。

好ましい影響 悪い影響
外部環境 機会(Opportunity) 脅威(Threat)
内部環境 強み(Strength) 弱み(Weakness)

各項目の英語の頭文字を続けたのが、SWOT分析になります。

 

AIDMA理論について

広告として機能させるためには、情報を提供し、説明し、記憶させる必要がある。

それを実現するために、AIDMA理論が提唱された。

◎AIDMAのそれぞれの意味

  • A:Attention       注意、着目
  • I:Interest          興味、関心
  • D:Desire          欲望
  • M:Memory       記憶
  • A:Action           行動

 

プッシュ戦略とプル戦略について

プッシュ戦略とプル戦略についてまとめてみました。

プッシュ戦略 プル戦略
店頭での人的販売に依存

販売で売る製品が多い

ブランド力で購入させる

広告、口コミで惹きつける。

消費者に直接販促

広告で売る製品が多い

 

最後に

今回は惣菜管理士2級の科目「食品工場経営論」で最低限知っておきたい7のことについて記載いたしました。

受験される方のお力になれれば幸いです^^

 

この記事を書いている人 - WRITER -
食品メーカー営業マンが書く食に関するブログになります。食品について詳しくなれば日々の生活が少しでも豊かになると思ってます。★好きなことは、食べること、お酒を飲むこと、音楽鑑賞で、最高の一杯を探し求めています。
詳しいプロフィールはこちら

スポンサードリンク


スポンサードリンク


- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 食彩life , 2018 All Rights Reserved.