こちらもフォローしてね!

洗練された日々へ

LINE@始めたよ。【無料特典あり】

オンラインサロンを作りたいなら、逆に既存のオンラインサロンに入るべき4つの理由

WRITER
 

スポンサードリンク


スポンサードリンク


この記事を書いている人 - WRITER -
食品メーカー営業マンの食に関するブログを運営。 洗練された日々を目指して、食に捧げております。 【内容】食品に関わる試験/食品工場の見学/食品業界情報/食品の表示/スタートアップ食品業界の就活/ 【自分史】幼少期から食のこだわりが強い→大学受験失敗により北海道の大学へ→より食に目覚める→一部上場食品メーカー新卒入社→神速で退社→食品メーカーで営業マンとしてPB商品をつくる日々
詳しいプロフィールはこちら

どうも。食品メーカーで業務用営業をしている  dai(@po_p_o_m)です。

 

今回は、オンランサロンにを開設したいなら、既存のオンラインサロン に入るべきの4つの理由について記載します。

 

僕はオンラインサロンに入会した経験があり、以前は3つのオンラインサロンに入会しておりました。(今は一つに集約しております)

そんな僕がまとめて見ました。

 

多種多様なオンラインサロンがありますが、スキル習得型のオンラインサロンについてなります。

 

 

 

スポンサードリンク

オンランサロンで作る前にまず必要なこと

まず、自分のオンラインサロンを作る上で必要なことを考えていきます。

 

まずは、その開きたいオンラインサロン において市場性があるかどうかを調べます。

 

オンラインサロンを開設したものの、市場性がなければ継続どころか入会してくれるユーザーもいなくて困ります。

 

そのため、まずは市場にニーズがあるかを調べましょう。その上でオンラインサロン を作成をしていきまししょう。

 

オンラインサロンを作る上で決定しないといけないこと

市場性をチェックした上で、オンラインサロン を作る上で様々なことを決定していかないといけません。下記は一例です。

 

オンラインサロンを作る上で必要なこと
  1. オンラインサロンで入会すれば、どのような未来を顧客はなれるのか?
  2. メンバー同士のコミュニティ手段はどのプラットフォーム(facebook,chatwork,slack etc)にするのか?
  3. 月額費用はどれくらいにするのか?
  4. オフ会もありのするのか?
  5. どのように集客していくのか?  
  6. オンランサロン 上の規約   etc

 

上記のようなことを運営者は決定していく必要があります。

 

そのため、一からオンラインサロンを作ることは戦略的に得策ではありません。

 

なぜなら、他の競合サロンがどのような状況で、どこの強みがあり、どこが苦手であるかを分析した上で運営する方がベストですし、自分のオンラインサロンのポジションもわかります。

 

大切なのは上手に他のオンラインサロンの特徴を取り込み、自分なりに運営していくことが非常に得策ですよ。

 

既存のオンラインサロン に入るべきの4つの理由

そのため、競合になりうる既存のオンランサロンで入会するメリットは下記の通りになります。

 

既存オンランサロン に入る理由
  1. 価格帯の相場感(月額)がわかる。
  2. オンラインサロン の運営の仕方がわかる。
  3. オンラインサロンでの運営者の立ち振る舞いがわかる。
  4. 自分に合うオンラインサロンを構築しやすい。

 

価格帯の相場がわかる

オンラインサロンでまず悩むところは価格帯になります。

 

価格の設定がかなり難しいのではないでしょうか。そちらは既存オンラインサロンの価格帯を参考にしながら策定するべきだと思っております。

 

顧客がオンラインサロンへの入会を決断する際に、競合のオンラインサロンと比較する場合があります。それを逆手に取った価格を設定するのがオススメです。

 

個人的には、既存のオンラインサロンより安くして価格のねじれをつけて入会に関心を持ってもらうことがオススメです。その上で、ある程度運営していき、コンテンツが充足してくれば、途中で価格改定していく方法がスムーズであるような気がします。

 

オンラインサロンでの運営の仕方がわかる

オンラインサロン で運営する上で、様々な事を決断する必要があります。

 

コミュニティ手段のプラットフォーム(facebook,chatwork,slack etc)を何にすれば、盛り上がりを継続したり、コミュニテイの幅を増やせるかなど様々な施策があります。そちらを既存のオンラインサロンを研究しながら分析するしか他ないかと思います。

 

また、どのようなオンラインサロン上の規約を定めれば、野蛮な人たちをフィルターをかけれるかといった運営上に必要なことを学ぶことができます。

 

オンラインサロンでの運営者の立ち振る舞いがわかる。

オンラインサロンでの運営者の立ち振る舞いが他のオンラインサロンに入会すればわかります。

 

オンラインサロンで運営者がしゃかりきに頑張ったら、会員数が増えれば増えるほど疲弊してしまいます。いかに運営者がいなくても、オンラインサロン上が上手に運営できるかどうかを構築していく必要があります。

 

ただし、運営者が前面に立ってやりたい方もいるので、こちらは個人のタイプによるかと思いますが、自分のポジションを考えた上で行動する方が良いと思います。

 

自分に合うオンラインサロンを構築しやすい。

競合のオンラインサロンに入会することで、競合のオンラインサロンの強みや、弱み、問題点がわかります。

 

そちらを自分が運営するオンラインサロンに落とし込み、競合では弱みであった部分を自分のサロンでは強みにすることができます。

 

例えば、人数が多い競合のオンラインサロン の対比として、少人数厳選のオンラインサロンを運営して見たりすることもできます。

 

自分の合うオンラインサロンを構築できるため、模索しながらやってみよう。

 

 

参考になるオンラインサロンはこちら

最後にオンラインサロン運営で参考になる、オンラインサロンはこちらになります。

 

ブログを学ぶ体系的に学び、かつ質問ができるブログマーケティングスクール(Blog Marketing School【BMS】 )になります。

ブログというニッチ分野で600名以上のオンラインサロンを運営しております。

 

ちなみに僕も入会しており、非常に学びの多いオンラインサロンになります。

 

 

 

こちらのオンラインサロン にはこちらでまとめております。

 

最後に

今回は、オンランサロンにを開設したいなら、逆に既存のオンラインサロン に入るべきの4つの理由ついてまとめて見ました。

 

入会することで、他の競合サロンがどのような状況で、どこの強みがあり、どこが苦手であるかを分析した上で自分のオンラインサロンを運営することができます。

 

 

もちろん費用はかかりますが、オンラインサロンを運営する気概の持ち主であればすぐに回収できるでしょう。

自分に合う方法で自己実現をしてみてください。

 

 

 

LINE@登録 リンク

この記事を書いている人 - WRITER -
食品メーカー営業マンの食に関するブログを運営。 洗練された日々を目指して、食に捧げております。 【内容】食品に関わる試験/食品工場の見学/食品業界情報/食品の表示/スタートアップ食品業界の就活/ 【自分史】幼少期から食のこだわりが強い→大学受験失敗により北海道の大学へ→より食に目覚める→一部上場食品メーカー新卒入社→神速で退社→食品メーカーで営業マンとしてPB商品をつくる日々
詳しいプロフィールはこちら

スポンサードリンク


スポンサードリンク




- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 食彩life , 2018 All Rights Reserved.