こちらもフォローしてね!

洗練された日々へ

→徹底解剖!!フードロスをまとめてみた。

自己成長おけるにラーニングゾーンの優位性。ラーニングゾーン>>コンフォートゾーン、パニックゾーン

WRITER
 

スポンサードリンク


スポンサードリンク


この記事を書いている人 - WRITER -
食品メーカー営業マンの食に関するブログを運営。 洗練された日々を目指して、食に捧げております。 【内容】食品に関わる試験/食品工場の見学/食品業界情報/食品の表示/スタートアップ食品業界の就活/ 【自分史】幼少期から食のこだわりが強い→大学受験失敗により北海道の大学へ→より食に目覚める→一部上場食品メーカー新卒入社→神速で退社→食品メーカーで営業マンとしてPB商品をつくる日々
詳しいプロフィールはこちら

どうも。食品メーカーで業務用営業をしている  dai(@po_p_o_m)です。

 

先日初詣に行きましたおみくじが大吉でした。なかなか幸先のよいスタートですね。(ビジネスではなぜか少し欠品騒動に巻き込まれてますが

 

前回は、同じ思考モデルの人と一緒にいるのが好ましくない理由、選択肢を阻む思考を生み出す原因、改善案記載しました。

今回は自己成長の観点では3種類のゾーンがあり、そのゾーンのどこでいるべきなのかを記載したいと思います。ゾーンから見る成長の仕方を記載したいと思います。

 

 

3種類のゾーン

3種類のゾーンについて記載していきます。

 

コンフォートゾーン

前回ブログでも記載しましたが、コンフォートゾーンとは、自分がいる居心地の良い場所になります。

 

仕事でいえば、今まで通りの従来の仕事をやればよいだけだけの領域です。自己成長の点では、成長を期待できない場所になります。

 

 

ラーニングゾーン

ラーニングゾーンとは、コンフォートゾーンから一歩出たところに広がっている領域になります。

 

未知の扉の先になります。今までの自分の能力があまり適用できないことや、新しいことを習得するため、手足を動かして、文字通り汗を書きながら、邁進しないといけません。

 

仕事でいえば、新しい仕事、独自の高い目標の仕事に携わることの領域です。

 

 パニックゾーン

パニックゾーンとは、ラーニングゾーンよりまだ先の向こう側になります。

 

何が起きるか想定できないばかりか、自分自身を何が起きているか理解できません。自分を律することのできない世界で、精神的負荷の大きいゾーンになります。時として心と体のバランスを崩しかねないです。

 

 3つのゾーンの図式化

上記3つのゾーンを図式化したものになります。

 

成長を意識して行動する

では、成長を意識して行動するにはどうすれば良いのでしょうか。

 

ラーニングゾーン>パニックゾーン

コンフォートゾーンの場合、自分の快適な場所のため成長することが厳しいと述べました。感覚的にわかるかと思いますが成長を意識するなら、ラーニングゾーンにいよう。

 

パーニックゾーンの場合、精神的の負荷があまりにも多いと生産的な学習を阻害してしまします。適度に新しいこと、知らないことを学びながら、成長していく。この「適度感」が重要です。

 

ラーニングゾーン⇄コンフォートゾーン

成長を意識してラーニングゾーンにいてあくせく努力する場合でも、意識的にコンフォートゾーンに戻ることも重要です。

 

時として気分が乗らない時や生産効率が悪い場合があると思います。気分転換の時に自分のコンフォートゾーンを意識的に戻れると認識しておくことが大事です。

 

コンフォートゾーンからラーニングゾーンの移動は可逆的であるためことを認識しよう。(コンフォートゾーン→ラーニングゾーン、ラーニングゾーン→コンフォートゾーン)

 

成長するための具体的な方法

自分自身を包括するゾーンを把握して、自己成長を目指す方法は下記の通りになります。

 

★成長するための具体的な施策

  1. 自分が今どこにいてるか?(現状の領域把握)
  2. 自分が今どこまで登ってきたのか?(過去と現在の差の認識;達成感を感じ、モチベーション維持に効果あり)
  3. 自分がどこまで登らないといけないのか?(課題・ゴールの把握)
  4. 自分が下したゾーンが間違いないかどうか確認(第三者から)
  5. その上で邁進する。
  6. 適度に気分転換する。

 

現状の領域の把握

ひとまず自分自身が、現時点でどの領域にいるのかを分析する必要があります。絶対的な想定ではく、相対的に検討することが重要になります。

 

自分が目指すべき姿、過去の自分、目標(あればロールモデルになりうる人物)と現在の自分を比較します。

その上で、コンフォートゾーンにいるのかどうか診断していきます。

 

ゾーンの正確に認識する難しさ

しかし、自分自身で3つのゾーンを正確に判断することはかなり難しいです。自分はラーニングゾーンにいると思っていても、第三者からコンフォートゾーンにいると思われいるかもしれません。

 

そのため、未来からの逆算するようにしましょう。自分が利用できる時間と望むべき姿になるためにどれぐらいの行動・施策をしているかどうかで判断しましょう。

 

なりたい姿があるのにそれに対して努力していないのであれば、これはコンフォートゾーンになりますよね。なりたい姿に対して処理できない量であれば、パニックゾーンであるともいえます。

 

最後に

今回は自己成長の観点では3種類のゾーンがあり、自己成長のためには在するゾーン、ゾーンの把握方法、ゾーンにおける自己成長方法を記載しております。

 

人間は自分に甘く、人に厳しい生き物だと思ってます。いかに自分自身に厳しくできるか、律して望むべき姿に対して努力できるかが自己実現ができる生き方だと思います。

 

ずっとコンフォートゾーンにいてると、文句をいうことが溜飲が下がたり、非生産的な活動が多いと感じます。同調圧力ではないですが…人間は環境に規定されると思っていますし。

 

やはり、人生は一回きりのためいかに自分を思い描くように懸命に生きたいと思ってます。こんな生き方どうですかね?気分転換は大事ですよ。

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
食品メーカー営業マンの食に関するブログを運営。 洗練された日々を目指して、食に捧げております。 【内容】食品に関わる試験/食品工場の見学/食品業界情報/食品の表示/スタートアップ食品業界の就活/ 【自分史】幼少期から食のこだわりが強い→大学受験失敗により北海道の大学へ→より食に目覚める→一部上場食品メーカー新卒入社→神速で退社→食品メーカーで営業マンとしてPB商品をつくる日々
詳しいプロフィールはこちら

スポンサードリンク


スポンサードリンク




- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 食彩life , 2018 All Rights Reserved.