こちらもフォローしてね!

洗練された日々へ

LINE@始めたよ。【無料特典あり】

通常より年間5,000円以上もお得!?newspicksのプレミアムプランを安く利用する方法【実践済】

WRITER
 
通常より年間5,000円以上もお得!?newspicksのプレミアムプランを安く利用する方法 アイキャッチ

スポンサードリンク


スポンサードリンク


この記事を書いている人 - WRITER -
食品メーカー営業マンの食に関するブログを運営。 洗練された日々を目指して、食に捧げております。 【内容】食品に関わる試験/食品工場の見学/食品業界情報/食品の表示/スタートアップ食品業界の就活/ 【自分史】幼少期から食のこだわりが強い→大学受験失敗により北海道の大学へ→より食に目覚める→一部上場食品メーカー新卒入社→神速で退社→食品メーカーで営業マンとしてPB商品をつくる日々
詳しいプロフィールはこちら

どうも。食品メーカーで業務用営業をしている  dai(@po_p_o_m)です。

 

ソーシャル経済メディア、NEWSPICKSはご存知でしょうか?

NEWSPICKSとは、国内外の経済ニュースを確認できたり、専門家のコメントをチェックできたり、オリジナルコンテンツ(記事・動画)を楽しむことができるソーシャル経済メディアになります。

 

今回は、NEWSPICKSのプレミアムプランで通常価格より年間5,000円以上安く利用する方法についてまとめてみました。僕自身は2018年3月より有料会員(8月から年割支払い)として利用しており、実際このような手段で安く利用しております。

 

 

スポンサードリンク

NEWSPICKSとは

NEWSPICKS 公式

 

NEWSPICKSとは、厳選された国内外の経済ニュースを収集したり、そのニュースの専門家のコメントをチェックできたり、オリジナルコンテンツ(記事・動画)を楽しむことのできるソーシャル経済メディアになります。多角的な視点を学ぶことができます。

 

●NEWSPICKSのコンテンツ
  • 国内外の経済ニュース
  • 編集部によるオリジナル特集
  • オリジナル番組(WEEKLY OCHIAI、THE UPDATE etc) など 

 

TVの報道や新聞の報道で一部に偏っていたりしますよね。各局や各新聞の報道スタンスを知っていても、やはり多少は影響を受けるかと思います。NEWSPICKSでは、多様な視点を知り、知見を広げることができます。僕自身は、編集部のオリジナル特集記事が好きで、購読しております。

 

 

NEWSPICKSには、3種類の価格体系がある。

NEWSPICKSには、3種類の価格体系があります。今回は、僕が所属しているプレミアム会員に所属しております。

 

プラン 価格(税込)
一般 無料
プレミアム会員 1,500円/月額*
アカデミア会員 5,000円/月額

※返品についての特約事項:電子商品としての性質上、返品には応じられません。(NEWSPICKS 特定商取引法に基づく表記より)

 

より詳細な分類はこちらです。表にした上で、ススメのコンテンツ、こんな人にオススメという形で分類しております。*プレミアム会員の場合、通常プラン、学割プラン、年割プランがあり、そちらに関しても深く記載しております。

 

NEWSPICKSのプレミアム会員とは

NEWSPICKS プレミアム会員

 

NEWSPICKSのプレミアム会員では、月額有料会員ではあるものの、下記サービスを受けることができます。

●プレミアム会員のサービス
  • オリジナル特集記事が読み放題
  • オリジナル動画が見放題
  • ウォール・ストリート・ジャーナル日本版が読み放題
  • NewsPicksマガジン(季刊・電子版)  

 

 

プレミアム会員の料金体系

NEWSPICKSのプレミアム会員の料金プランは、支払い方法および学生かどうかで支払い総額が変わります。

 

プラン 価格(税込) 備考
通常 1,500円/月額 いつでも止めることが可能
学割 500円/月額 大学、大学院、専門学校に

 

在籍する学生*が対象。

 

一部サービスに制限あり。

年割 15,000円/年額 2ヶ月分お得。

 

NewsPicksマガジン(紙版)

 

選択可能。

 

ただし、契約期間途中に解約しても、返金不可。

*社会人学生は対象に含まれておりません。

 

僕が実践するプレミアム会員支払額を年間5,000円以上安く運用する方法

それでは、僕が実践するNEWSPICKSのプレミアム会員の支払額を年間5,000円以上安く運用する方法を伝授したいと思います。

 

●プレミアム会員を年間5,000円以上安く運用する方法
  1. まず、 年割プランを選択する。
  2. NewsPicksマガジンの紙版を選択する。ここがポイント
  3. NewsPicksマガジンの紙版が届けば、綺麗な状態ですぐにメルカリに定価近い価格で出品し、販売する。 

 

年割プランの選択

まずは、NEWSPICKSのプレミアム会員の支払いプランにおいて年割プランを選択しよう。

 

NEWSPICKS プレミアム会員 年割プラン選択

 

年割プランを選択することで、下記のメリットがあります。

 

2ヶ月分無料(3,000円相当)。
NewsPicksマガジン(紙版)が選択可能。

 

NewsPicksマガジンの紙版を選択

NEWSPICKSのプレミアム会員の年割支払いの特典である、NewsPicksマガジンの紙媒体を選択しましょう。ここが今回のキーです。書籍で受取りが可能なのは、プレミアム会員であれば、年割支払いコースのみですよ。

 

NEWSPICKSでは、NewsPicksマガジンの紙媒体を選択しても、電子媒体の書籍もダウンロードできるようになっております。(2019年2月21日現在の情報になります。)

 

 

NewsPicksマガジン(紙版)をメルカリで出品・販売

NewsPicksマガジン(書籍版)がご自宅に郵送されれば、早速綺麗な状態ですぐにメルカリに出品しましょう。価格帯は、定価近い価格帯で問題ありません。一部書店でも流通していますが、供給より需要が多いため、意外と定価付近の価格で販売することができます。

 

ちなみに今まで僕自身の落札価格はこちらになります。

落札価格 利益
NewsPicks Magazine Summer 2018 Vol.1 980円 707円
NewsPicks Magazine vol.2 Autumn 2018[雑誌] 1,000円 725円
NewsPicks Magazine vol.3 winter 2019[雑誌] 1,000円 725円
合計 2,157円

 

NewsPicks Magazine 1 食彩life メリカリ出品
NewsPicks Magazine 2 食彩life メリカリ出品
NewsPicks Magazine 3 食彩life メリカリ出品 

 

 

僕が実際プレミアム会員を年間いくらお得に利用しているか、計算してみた。

その上で、僕がプレミアム会員を年間利用するにあたっていくらお得に利用しているかを、計算してみました。2018年3月より有料会員で利用しており、8月から年割支払いに変更しております。NewsPicksマガジンは年4回の季刊誌のため、現時点の支払額と4冊全て販売した場合の理論値に分けて試算してみました。

 

<2019年2月21日時点の支払額>

単価 総額
通常価格(年間総額) 1,500円 18,000円
年割による割引 ▲3,000円
メルカリによる売却 3冊分 ▲2,157円
トータル 12,843円

 

現時点のトータル運用は、12,843円で、通常価格よ5,157円安く利用することができました。 

 

<理論値>

「NewsPicks Magazine 4」に関しても定価付近でメルカリで販売できた仮定すると、700円ぐらいの最終利益が残ります。この場合、700円と想定して試算してみました。

 

単価 総額
通常価格(年間総額) 1,500円 18,000円
年割による割引 ▲3,000円
メルカリによる売却(想定) 3冊分 ▲2,857円
トータル 12,143円

 

理論値でのトータル運用は、12,143円で、通常価格よ5,857円安く利用することができました。 

 

今回の方法に関しての注意事項

今回の方法に関してはあくまで、メルカリでの売却を意識しております。書籍で自宅に置いておきたい、電子書籍で読むより書籍で読みたいといった場合は、この方法はできません。また、メルカリの落札額は供給量により流通価格が変動しますので、上記価格は目安になります。

 

<参考>メルカリとは

メルカリとは、月間利用者数1,075万人のフリマアプリになります。ちなみにメルカリの名前の由来は、『マーケット』という言葉の起源であり、ラテン語で「商いする(mercari)」という意味から名付けられたとのことでした。

 

 

スマホ一つで簡単に売買ができて、匿名配送が可能で、安心・安全な取引が可能になります。本・服・インテリアなど様々な商品が販売されております。これまでの累計出品数は10億品を超え、幅広く利用されております。

 

 

最後に

今回は、NEWSPICKSのプレミアムプランで通常価格より年間5,000円以上安く利用する方法についてまとめてみました。

 

少しでも安く利用した場合は、このような方法は活用する価値ありかと思います。僕自身は、本の置き場に困るために出品しておりますね。ニュースをまとめているサイトはたくさんありますが、目的を持ってNEWSPICKSで学んでみるのもオススメですよ。

 

 

 

 

LINE@登録 リンク

この記事を書いている人 - WRITER -
食品メーカー営業マンの食に関するブログを運営。 洗練された日々を目指して、食に捧げております。 【内容】食品に関わる試験/食品工場の見学/食品業界情報/食品の表示/スタートアップ食品業界の就活/ 【自分史】幼少期から食のこだわりが強い→大学受験失敗により北海道の大学へ→より食に目覚める→一部上場食品メーカー新卒入社→神速で退社→食品メーカーで営業マンとしてPB商品をつくる日々
詳しいプロフィールはこちら

スポンサードリンク


スポンサードリンク




- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 食彩life , 2019 All Rights Reserved.